ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< leave them all behind / EBISU LIQUIDROOM(2009.4.19) | main | i'm standing nowhere / bloodthirsty butchers >>
# CRAZY RHYTHMS vol.58 / 松本ALECX(2009.4.29)

 今回はlostageを観にいってきました。
ISIS,sunn O))),boris,envyの次がこれって・・・落差ありますか・・・?
いやいや、問題ないのです。どんなものでも視点は同じだと思っていますから。

気配を消して仕事をさっさと切り上げ、ほくほくと会場に向かったところ、早く着きすぎてしまい・・・。
せっかくですのでヴィレッジ・ヴァンガードによって「米澤穂信」を買い漁り・・・って、ハードカバーばっかり!
文庫版はもう全部持ってるし・・・泣く泣く諦め・・・ず!、ああ!もう!全部買いました!(5000円超・・・)
これで図書館にあったらどうしようかなぁ・・・。

OPENしてすぐに入場。
トニックウォーターをオーダーして(お酒・・・飲めないんです・・・、いや年齢的にじゃなくて)、ホッと。
今日はどんなかんじかなぁ。


・MANT,P-Heavy

あの、ギターロックは大好きなんです。すごく。
MANTはトリプルギター、P-Heavyはベースレスのツインギター・ガールズバンド。

・・・全然・・・こない。・・・どうしてもだめ。
感受性が鈍っているのかなぁと不安に思い、一生懸命いいところをみつけようとしたのですが・・・。
そうすればするほど冷めてしまいます・・・。
というか、最後には冷めるというよりも腹が立ってきてしまいました。
まわりでのっているのを見るとなんだか居心地が悪い感じがして・・・(もちろんその人たちが悪いわけではないのですが)。

「初めて観るからじゃない?」といわれる方もいるとは思うんですが、MANTはともかくP-Heavyは何回か観る機会があったのですが、やはり・・・???

正直、もう帰りたい気分になってしまいました・・・。
好き嫌いが激しすぎるのかなぁ・・・反省・・・。


・group_inou

前知識がまったくないのですが・・・いったい?
と、どうやらクラブミュージックのようですね。電気グルーヴ(笑)とか、そのくらいしかわからないです・・・(電気は大好きですけど)。

はじまりました・・・。
えっ?す、すごくよくない?これ?
ぜんぜんこういうのに詳しくないのでまったく上手く説明できないんですけど・・・。
とにかくいきなりアッパーにもっていかれました!
うわ!なんか楽しい!かっこいい!でもゆる〜い感じ(笑)がまたいい!
もう何も考えなくても自然にからだが揺れます。
この感じは・・・かっこいいロックに出会ってからだが反応するかんじですね!
なんというか、こう前に自然と「ガッ」とからだが突っ込んでいくかんじがあって。
こっちのほうがロックですね!素直にかっこいい。からだが拒否反応を起こしません。

なんかくっだらないMCも最高ですね。「サイプレス上野とロベルト吉野」には負けますが(笑)。

ちなみに・・・

group_inou宛てに長尾謙一郎氏からのコメントです。
長尾謙一郎氏が何者かわからない方はぜひ調べてその著作を読んでみて下さい。

はぁ、やっと素直に笑ってステージを観れるようになれました。顔が固まっていたので・・・。


・lostage

正直を言うとlostageのライブに行くのには少しためらいがあったんですよね・・・。
lostageもそれはもう何回も観ているのですが、やはり初期の頃の圧倒的なライブがそれはもう強烈だったので、それで一目惚れしたんです。
まだ「PS.I miss you」発売直後の頃だったと思います。

上のショットは新宿MARZにて。バファリンズも競演していた思い出深いライブです。

そして時は流れて、lostageもいくつものアルバムをかさねて・・・。
違和感を感じはじめたのは「DORAMA」の頃からでしょうか・・・。
ライブもなんとなく「いいライブ」ではあるんだけど、あの初期の頃のこころをわしづかみにするような「凶悪」さ(もちろんいい意味です)が影をひそめてしまったような気がしました。
バンドが変わっていくのは当たり前のことなんですけど、その時代を知っているがゆえにやはり寂しいものがあります・・・。

さあ・・・「GO」!です。
先にセットリストを書いてしまいますが・・・。

1.サーカス
2.SF
3.RED
4.噂
5.あめんぼ
6.X
7.SURRENDER
8.点と線
9.手紙
〜encore〜
10.CAT WALK
11.MIND JIVE

オープニングチューンは「サーカス」。一瞬「およ?」と思ってしまいましたが。
それにしても感じたのは新メンバーのナカノさんの存在感です。
今回はタクトさん側でなくナカノさん側で観ていたからかもしれないのですが、明らかに「サイドギター」(・・・言い方古いですか・・・?)ではないです。
とにかく音が「ガツン」ととんできます。
以前のlostageですと、ほとんどタクトさんがギターの主導権を握っていたかんじがしたのですが、今回のライブではむしろナカノさんのほうが前に出ていた感さえあります。
今までヴォーカルに関しては五味さんが一手に引き受けていたのですが、ナカノさんは全編をとおしてコーラスにおいてもバックアップしていました。
とある友人は「もうギターの変わったlostageはlostageじゃないから観ない」とまで言っていましたが、個人的にはナカノさんのほうが好みだなぁと今回初めて感じました。

さておき・・・。
「SF」、さらにまさかの「RED」!!!
lostageのアルバムの一曲目に必ず来るというキラーチューン!!!
前半の憂鬱を消しておつりがくるくらいテンションが上がりました!!!
とにかくもう両曲、出だしのベースがスティーヴ・アルビニ(ボブ・ウェストン?)を思わせます。
とにかく本当に震えます。
もうshellacです。
「SF」〜「酒、飲ます 学校は 最近どう?」
「RED」〜ストップ&ゴーの緊張感も・・・もう・・・。
もうこの二連発だけでおなかがいっぱいになってしまいます。

もちろん「GO」tourですので「GO」からの曲がほとんどを占めるのですが、やはり一番嬉しかったのは「SURRENDER」です。
イントロのアルペジオが聴こえた瞬間、「ああ!」と震えました(こういうところで好みがわかってしまいますね・・・)。

で、やはり、「くるかな?」と思っていたら案の定きました。
・・・「手紙」・・・。

「かあさん おれは もう わすれちまった」・・・
「かんけえ ねえ」・・・

本当にもう永遠の名曲ですよね・・・。
COWPERSでいう「CURVE 2」みたいなものですね・・・。

で、アンコールはささくれだった「MIND JIVE」で決める・・・。

・・・うん、そうですね。うん・・・。
・・・うん。

結局、最初に言ったことに戻ってしまうんですね。
「いいライブ」なんだけど、最初にうちのめされた衝撃はどうしても超えられない、という。

ただ・・・

・「自分が求めているもの」
・「バンドが見つめている方向」
・「新しく聴く人たちが惹きつけられるもの」

・・・というベクトルがあるわけですから、もう「いい」とか「悪い」とかという問題なのではないと思います。

・・・だから、これからもlostageは観ていきたいと思います。

・・・ただ、「あの頃」のlostageを生で体験できたのは本当に宝物のような出来事だったと思うのです。

(追記:柏ALIVEのライブにて五味さんがドラムセットに突っ込んで凄かったそうとの情報です。ちょっと嬉しいです!)
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:00 | category: live act |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:00 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ignition72.jugem.jp/trackback/9
トラックバック
Sponsored Links