ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< CRAZY RHYTHMS vol.58 / 松本ALECX(2009.4.29) | main | GO / lostage >>
# i'm standing nowhere / bloodthirsty butchers


 【★★★★】

ブッチャーズのアルバムで何が好きかと言われると困ってしまうのですけれど・・・。
最近のリスナーの方ですとナンバーガールの田淵ひさ子さんが加入した後のブッチャーズのイメージが強いと思われるのですが(やっぱりステージ映えしますしね)。

・・・でも、やっぱりスリーピース時代のブッチャーズは最強だったなー・・・などと思ってしまうのです。
(そりゃぁ、もうかなり不安定でもありましたがねぇ・・・)

あ、ごめんなさい。あらかじめ前置きしておきますと、アルバムの完成度であるとか客観的な視点であるということより、もう単純に「好きか嫌いか」というところでジャッジしてしまう(・・・というかそれしかできません・・・)のでどうかご容赦下さいませ・・・。

いわずもがな(・・・?)個人的にその当時の音源はそれはもう名作ぞろいで、またまた困ってしまうのですが・・・。

さて、それはとある日、ほてほてとWAVEのCDコーナーをボーッと見ていたところ何やら「big muff」(ものすごい爆音のする機械(笑)です)が「どん!」と写っているCD(もうわかりますね・・・)があるのです!しかもなぜか邦楽で・・・。
何も考えずに「すごい音がするのかな・・・?」などと購入したのが運の尽きでした・・・。
次の日から「bloodthirsty butchers」という名前は呪いのように純粋無垢なこころに深く深く刻まれまして、ただもうオロオロするばかり・・・。

「これはもう全部のアルバムを聴くしかありません!」とこころに誓い、意気揚々とふたたび「むん!」とWAVEに向かいましたところ・・・「すいません、それ以外、全部廃盤なんです・・・」って、このバンド、人気ないんでしょうか・・・?

それでも!諦めません!その日から鬼になりました!
中古コーナーを片っ端から目を皿のようにして廻りまくり・・・。なぜか新星堂で旧譜を見つけたり(笑)
まあ、その経緯は省略いたしますが、鬼はついにコンプリートしたのです。(幻の1stはカセットでダビングしていただいたのですが・・・)
さておき、とにかくもう見つけるたびに、それはそれはうちのめされました・・・。
どれもスタイルは違うのに、全部もうドストライクなんですもん!

ああ!また前置きが以上に長くなってしまいました。悪い癖です。
・・・で、「i`m standing nowhere」なんです。(もちろん他のアルバムもおいおいじっくりと・・・)
あんまり「nowhere」って話題に出てこないような気がするんですけれども・・・。
でも!やっぱりこれは超名盤なんですよ・・・。
(車の中でもガンガンにかけてます。この間、窓を開けていたら、おもいっきりクラクションを鳴らされましたけど・・・)
 
もうとにかく捨て曲がないんです!
いったいどこをどうしたらこんな超変則な(それでいて大事なところでは歌心も感じさせる)曲が生まれるんでしょう・・・。
まさに「北からのオルタナティヴ」ですね・・・。

もう一曲目から叩きのめされてしまいます。
なんていったって曲名が秀逸!「omae ga dai-kirai da」ですよ!
これでなにも感じないなんて絶対おかしいです・・・。(感じるほうが歪んでいるのでしょうか・・・)

「alligator」もまぎれもなく名曲ですよね。popでありながら、ハードコアもちょっぴり感じさせて・・・。
(余談:ブッチャーズ・トリビュートの「alligator」もそれはもう秀逸です。ああいうカバーはほんとうにもう・・・。未聴の方はぜひぜひ!)

「thursday afternoon」!これはもう射守矢さんと吉村さんの独壇場ですね。
ほんとうにセンスがいいなぁってうっとりしてしまいます。
こういうのを聴いてしまうとスリーピースのマジックを感じてしまいます。
3人の誰かひとりが抜けてしまったら決して成り立たない緊張感。
ブッチャーズの真骨頂ですね。

そして・・・「room」!
それはもう・・・一番好きな曲です。
とにかく重く重く深くに沈みこんでいく圧倒的な世界観・・・。
吉村さんに個人的に何かあったんでしょうかと心配にさえなってしまいます。
それほどに・・・重い・・・。
「karasu」が圧倒的に突き上げる「アッパー」であれば「room」は地の底まで突き落とす「ダウナー」・・・。
両曲ともにとてつもない存在感です。

そしてブッチャーズ初期からの代表曲「i`m on fire」。
実は・・・そんなに・・・大好きというわけではないのですが(すいません・・・)やはり再録するほど思い入れのある曲なのでしょう。
「ブッチャーズ」という軸を決定した大きな存在なのだと思います。

ブッチャーズももちろん素晴らしいのですが、さらにその存在をいち早く見抜いた西村`ニッシー`茂樹氏(ex.loud machine,the groovers,現louds)の眼力にはほんとうに脱帽です。
(「nowhere」のオリジナルは西村氏のRBFより93年にドロップ)

「nowhere」は99年にZKレーベルより再発されていますから、比較的現在でも手には入れやすいと思います。
(もっとも、ZKはとある事情により現在停止中なのですが・・・いいレーベルだっただけに・・・う・・・ん)

ポスト・ハードコア的なブッチャーズを求める方だけでなく、最近のリスナーの方にもぜひ御一聴をおすすめいたします。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:27 | category: bloodthirsty butchers |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:27 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ignition72.jugem.jp/trackback/7
トラックバック
Sponsored Links