ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< FRICTION / 軋轢 | main | frodus / and we washed our weapons in the sea >>
# 1000travels of jawaharlal / 1000travels of jawaharlal (Letter)


 【★★★★】

"1000travels of jawaharlal"…物凄く素敵なバンド名ですね。(全く意味は分かっていないんですが…)もういっそのことこのBlog名も"1000travels..."に変えたいくらいです。おそらくHit数はとんでもなく上がると思いますがその後確実に袋叩きにあうことが目に見えています。絶対止めます。っていうかそもそも1000tojの関係者でもなんでもないんだから…。

さて。"1000travels of jawaharlal"...
下田晃一郎(vo.,gu.)、吉田賢司(vo.,dr.)、岩田真一(ba.)...
北九州を拠点とし"1000travels"の名の如く全国を股にかけた猛者でございます。ちょこちょことこのBlogでもKeywordのように名前が出てきておりますので分かると思うかもしれませんが…とにかくもう私が好きで好きで堪らないバンドなのでございます。はふ。はふ。
んが!それはそれ。これはこれ。あくまでクゥルネスに銀盤を聴いてみたいなぁとの所存で御座います。(出来るかなぁ…自信ないなぁ)

この"1000travels of jawaharlal  /  st"はimomushi records #2というナンヴァリングなのですが、はてさてその"imomushi records"とは?というとまさに1000tojと福岡の"BUTCH"(これまた痺れるバンドなのです)の共同運営によるレェベルなのです。(現在はex?.BUTCHの前田ユタカさんが中心なのかな?…ちょっと分からないです)
で、imomushi records #1がhigh-hopes(1000tojの前身バンド)とBUTCHのsplitですので事実上1000tojのオフィシャルな音源としてはこの"1000toj / st"が初めてのモノではないかと思います。(Demo-Tapeとかがあったのかもしれませんがちょっとこれは分かりません)ちなみにこの音源は巷では通称"Letter"なんて呼ばれていたりもするそうですね。(以後"Letter"で書かせて頂きます)

実は私は1000tojの音源の中で一番最後に手に入れたのがこのLetterだったんです。むん。一番最初の音源が一番最後とはこれ如何に。というか存在そのものも知りませんでした。mu-chiですね。ということであらかた1000tojの最近(といってもかなり前になってしまいますが)の音源をズァヴズァヴと浴びた末このLetterを聴いたのですが…。

Shock!-Big!-「大」!!! or Die!!!

書いてることがよく分かりませんが(笑)iya!iya!iya!とんでもない衝撃直撃貫通即死なるShockin'だったわけなのです。ほんとに。敢えて後期のことはここでは詳しく書きませんが(後で)まさか1000tojの初期の音がこのスタイルだったとは!驚きと共に「深い…」とそのバックボォンに狂鳴致したのです。
Letterはalbumでなく5曲入りのsingle(mini album?)なのですがそこにはあの性急な激質素感んにゃ激疾走感はほぼ見られない。「ほんだば魅力はないんかい?」と問われれば一刀両断の元にて"NO!!!"と切り捨てますね。魅力がないどころのハナシじゃない。「何故にこのスタイルを捨てたのかぁ!?」と思いたくなるほどなのです。
どう伝えていいのかひたすらにアタマを抱えてしまうのですが…兎に角!"middle"にて「揺れる」のです。「揺れる」というのは横揺れのノリというだけではなくて…何というか心の墺低にまで浸透するような「うた」が必要以上にタマシイをも揺らすんです。グワァングワァンなんです。もう胸倉グワァッと掴まれちゃうんです。
もちろん1000toj!!!ですから轟音グァチィングァチィンでまたそこが最高で且つナチュラルな「静と動」に且つ屹立したギタァフックを絡めつつ、ただひたすらの激声というよりもkocoroに訴えかけるような「うた」。それはただ、揺れて、痺れる。(しかし決して所謂「うたもの」ではない)
何故、ここまでに私は「揺れて」しまうのか、それは勢いだけに頼らないその楽曲の素晴らしさと…そして下田さんのてらいのない・ポォズじゃない・上辺のカッコヨサという罠に陥りがちなヤタラメッタラな小難しい単語の羅列じゃない・そう、ひたすらに誠実な「歌詞」と「強い意志」を感じるヴォゥカル。その「sound」と「楽曲」と「歌詞」が交わりあった時とんでもないマジックが暴発する。

ただ…惜しむらくは"M1.なんでだろ","M5.もしかしたら"は上記の世界観を完璧にブチ上げているのですが他の曲が正直追いついていない感を受けてしまうのが残念です。それでも素晴らしい音源であることに変わりはないのですけれども。

で、ここで終わってしまうなら正直【★★★☆】だと思います。素晴らしい曲は確かにあるのだけれど音源全体としてそのレヴェルまで引き上げて欲しかったというのが正直な気持ち。
ですがここで反則技をイカせて頂きます。はふふ。

【1000travels of jawaharlal & Minoritybluesband / split】

1度に2つの音源を書くのもどうかと思うのですけどこれも大好きな音源ですので何卒ご容赦を。

「大好きな音源」と書いたのですが実はコレ初めて聴いた時は「んむん?」と正直ピンとキませんでした。まぁMBBは悪くはないかなぁくらいに感じたのですが1000tojはzineとかで騒ぐほどのもんかなぁと。で暫くほっぽいたわけなのですが「買ったからにはモッタイナイyo!」との貧乏根性モリモリ故にイヤデモヘヴィロゥティションへ突入…はい、そうなんです。プチピコォン!と見事にアタマにフラグが立ったわけなんです。やっぱヤヴァいなぁコレ。貧乏根性恐るべしですね。

んと。私の暴走感覚なんですけど(たぶんまた勘違いしてる)この2バンドってbloodthirsty butchersとeastern youthの関係に似ていると思うんです。butchersもeasternも1000tojもMBBも勿論「才能」があるっていうところは大前提。ただ1000tojはbutchersに近いものがあると思うんです(←音楽的な意味ではなくて)。何というかとんでもない「アイデンティティ」が真芯にブチ込まれている匂い。こればかりは真似をしようと思っても出来ないという。大してMBBはeasternの匂い。もうただひたすらに「良い曲」を努力…という次元をある意味超えて自分を追い詰めてその境地にまで辿り着く。これはどちらが上でどちらが下かというハナシではないです。いや実際私は知らないですよ全然(笑)ただそれぞれの曲をずっと聴いていてそんな感覚がふとよぎったということです。失礼しました(苦笑)

MBB。いいバンドですよね。何か音楽のバックボォンが広いというか本当にいろいろ聴いているのではないかなぁと感じました。決して皮肉な意味ではなくて「正統派」だなぁと。真っ直ぐなんです。疾走感、展開、ギタァワァク、STOP感、リズミック感覚、実に洗練されていると思います。しかも熱い!故に曲にハズレがないんですよね。聴けば聴くほどキます。
M1.~M5.までがMBBの曲ですがまさに最初と最後の"M1.ANTIHEROIC","M5.DAYS ARE PASSING ROMANTICALLY"は素晴らしいです。
ただ、苦言を呈せば…難しいところなんですが「真っ直ぐさ」故のアクのなさが物足りないと感じてしまう人もいるかもしれません。私みたいな捻くれた人なんかは特に(笑)

1000toj!!!ここを書きたかったんです。Letterからの進化…というか突然変異とでもいうべきか。「叩きつける」「暴発」「狂気」「荒れ狂う」「ささくれだった」「エナズィ」「圧倒」「ヴォゥカル」「はち切れんばかり」「一点突破」「流されない叙情」「1000toj Style」「確立」「ただ私は叫びたくなる」
全くもって説明になりませんが聴きながら湧きあがった「感情」のみを書き殴りました。
少なからず気になったことはヴォゥカルが引きすぎているかなぁということですが敢えてLive感というかささくれだった轟音的感覚を打ち出したかったのなとも。
いずれにせよ見事です。
でもLetterみたいな曲もたまには入れて欲しいな(笑)

MBB,1000tojの奮闘にて間違いなく【★★★★】確定です。うし。

最後の最後で恐ろしいことが…。
imomushi recordsのHPを見たら"st"じゃなくて"Letter"が正式名。

いまさら書き直せないyo。

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:57 | category: 1000travels of jawaharlal |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ignition72.jugem.jp/trackback/63
トラックバック
Sponsored Links