ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< cowpers / 斜陽(EP) | main | COWPERS VS 200MPH / FEEDBACK INSANITY VHS >>
# COWPERS VS 200MPH / FEEDBACK INSANITY
 
 【★★★★☆】

それにしても。
最近の判定が甘すぎやしないかぁ?…と自分で思ってしまう。

や!こんなもん()私の勝手な偏見なんで見る人が気にするほどのもんでもないし。かといってわざわざ低判定のものを持ってくるのも意味が分からないし。(でもが低くても素晴らしいと思っている音源もあるし…あれ…よく分かんなくなってきた?)

しかぁし!(笑)やはりcowpersにおいては譲れません。やっぱりなぁ。そういうことで(どういうこと!?)"COWPERS VS 200MPH / FEEDBACK INSANITY"です。

しかし。困った。別にもうこれ書かなくてもいいかなぁ(笑)だってもしこれを聴いている方ならcowpersの「最強形態」だっていうの分かると思う。

んあ!もう!ぶちぶち言ってないで書く!書きます(笑)全く愚痴くさいったら(笑)

初っ端は"200mph"の(当時の)Live定番曲ですね!
"200mph"="Two Hundred Miles Per Hour"
バンド名の由来は「とりあえず速そうだったから」だそうです(笑)200mphもcowpersと同じく全く何の予備知識もなく観たのですがぶったまげましたね(笑)各人のスキルが高いなぁというのもそうなんですが梅田さん(ヴォゥカル・ギタァ)のヴォゥカリゼィションがもう…可笑しくて!「激」のパァトはもちろんかっこよいのですが「静」のパァトが…もう…「なに?演劇!?(笑)」みたいな(笑)いやもう完全に独自の世界観を創り上げ…というかイっちゃっておりました。でも!そのギリの部分が逆にかっこよくて一発で痺れましたね!

ちなみに知っておられる方も多いとは思うのですがこの"200mph"アンダァグラウンドシィンのスゥパァバンドでございまして。

・梅田さん、林さん〜ex."颱風一家"("B.T.Butchers","Co/ss/griNDErZ",らと共に"KING RECORDS"から小(笑)旋風を巻き起こした大ベテラン。「激激激!」でございました。
・服田さん〜ex."Slime Fisher","WALL"・・・"WALL"といえば"There is ..."の根本弟もメンバァ(だったと思う)の最重要バンドですね!
・平尾(ヘラ)さん〜ex."nails of hawaiian","SPIRAL CHORD"は有名ですね!
ちなみに"nails of hawaiian"や服田さん絡みの"Speak For Myself"というバンドもよかですね!

またまた話が"curve"してしまう。
"naht"のコロッコロのメンバァチェンジは有名ですがベェスは初期には"怒髪天"の清水さん(Liveで観たとき「傭兵」かと思った)で、何代目かは知りませんが(笑)"nails"のベェスの方もnaht入りするわけですがなぁんで皆さんあんなに個性が強いんですかね(笑)nailsの方は見た目地味なのにseikiさんよりも思いっ切り前に出て「貴族的ステップ」(笑)を踏みながら私を唖然とさせました。(むん?別の人かな?ちょっと自信ない)ex.ninedayswonderのハタさんが入ってよかったですねぇseikiさん(笑)(でも!おかげで(?)初期ninedayswonderは崩壊!ここはちょっと許せない!)

と、物凄くどうでもいい話はどうでもいいのですが。音源です。3曲。むん。また困りました(笑)いや。かっこいいっす。かっこいいです。かっこいいんだけど。でも。Liveで刺さりまくったあの強烈な「200mphのアッパァブロゥ感」がまだまだ封じ込められていないような気がして。単なる「激」でかっこいいだけではとてもとても200mphは片付けられないシロモノですので。音源としてはこれからでしょう!なぁんて言っていたら。ひゃん!?new album!?今頃(笑)お恥ずかしいことに最近の200mphは全く観ていないので(ツインドラム!?マジで!?)Liveも音源も物凄く期待です!(とかいってねぇレコ発Live行けなかったし。まだnew album買ってないし。←最低)

まぁ…この"split"は挨拶代わりというか名刺代わりの音源かなぁと感じました。

それよりcowpersが200mphに「凄く共鳴した」という事実の方に驚きましたね。cowpersのインタビュゥの中で「200mphみたいなバンドがいることが凄く嬉しい」というような趣旨のことを語っていたような気がします。かなりに意外でした(や、ほんとこの2バンドがリンクするとは思っていなかったので)。


さて、この"split"の本命"cowpers"(200mphの皆さんごめんなさい)になります。

・WHITE LIGHT / WHITE HEAT / WHITE ROOM
・in this cage
・WAVEFORM of DISTORTION

音源を聴く前に思ったのは「あ…cowpers…抜けたな」との感覚。「日本詩」に拘りはあるのでしょうけどそこを前提としての「英詩」でのタイトル。これはヤヴァいかもかも。

音源を聴き終えて。

「ヤられた」。「見事」。「感服」。いくらでも言葉は出てきそうですが。「完璧」です。
こういうのを「成長」というべきか?「進化」?いや「深化」か?

"4giga"〜"LOST DAYS"〜("every little singles")〜"揺ラシツヅケル"〜"斜陽(EP)"

といった流れ(若干前後しますが)でやはり一番のタァニングポイントは"揺ラシツヅケル"でしょう。
本人たち曰く「"Mineral"や"texas is the reason"を聴いてバンド始めました…という人達と一緒にされたくないなぁ」という趣旨のことを言っていたと思います。ちょっとこの部分だけ書いてしまうと誤解されそうなので(私も"Mineral"と"texas"でバンド始めたっていいじゃん!と思うし)補足しますと…彼らはさらに深いバックボォンがありますしやはりその頃のいわゆる"emo"というジャンルに安易にカテゴライズされたくなかったのではないかと。で"LOST DAYS"路線ではもうどうだろうか?との末に産み出されたのが"揺ラシツヅケル"ということになるようです。で、見事"emo"の範疇を飛び越えるalbumになったわけですが…これは極個人的な感覚なので無視してもらって構わないのですが逆に私がcowpersの魅力と感じていた部分も薄めてしまった感があるのです。"sink","rust","snow bird","don't trust in me","creak","elohssa(ass hole)","#3"etc...cowpers節とでもいいましょうか見事なまでの微妙な寂寥感をあわせ持つメロディックさ加減(裏を返せば"emo"に通じちゃうのか)の後退は寂しくもありました。

んが!んが!んが!なんです(笑)"揺ラシツヅケル"のエッヂの鋭さと"cowpers節"というたまんねぇ(笑)武器をこの"split"は両立してしまった!嘘だ!(笑)恐るべきことに3曲共にハズレなし!刺されまくりまくるのです!「音」は"SPEEDO"の音に近い感覚…結果的にSPEEDOのプロデュゥスワァクが「正解」であったんだなぁ。こけおどしの轟音はいらないということか。各パァトの分離もよくヴォゥカルも実に通るのがまたハマってます。歌詞に関しては"揺ラシツヅケル"の文章の時は厳しめ目線だったのですが"WHITE LIGHT / WHITE HEAT / WHITE ROOM"にて両手を上げてしまいました。参った。このスタイルでこのレヴェルまで突き通すのであれば…白旗です。

『ケィオスの砕片とソノ溜飲』
『寂然たる深夜の参列者達よ』
『傲慢なる泪のソノ理由を拝聴願いたい!』
『オレハ、肉体ノ返却期限ヲ延長。』

まぁちょっと微妙に謙譲語の使い方が「ん?」というところもなきにしもあらずですが(笑)
 
ということで文句などあろうモノでしょうか!ぺこんぺこんにヤられまして。
「さぁ!さぁ!さぁ!次はどうクル!どうクルんですか!?」。


【…解散…】


・・・ha?・・・ha?・・・ha?・・・。
・・・oi!・・・oi!・・・oi!・・・。

「解散理由」は浜野さんの「家庭的事情」(?)…だそうです。
まぁ…こればっかりは誰も責められないけど…残念です。

ただ。惜しい。惜しすぎる。惜しすぎます。本当に。この"split"を聴いてしまったら…この流れで「究極」の"album"を1枚…是非完成させて欲しかった。

ちなみにこの後もcowpersは再起を諦めたわけではなかったようでなんと「ヘラさん」を迎えてstudioにも入ったようですが…結局"cowpers"として再起することは残念ながら出来なかったようです。あの「ヘラさん」を迎えてでさえ…かぁ。

バンドッテムズカシインダナァ。



☆竹林現動:「名言語録」

2001年3月20日@shelter "LiveのLASTにて"

【…狂って帰れ!…】



いや。まぁ。言われなくても帰りましたけどね(笑)
| comments(3) | trackbacks(0) | 09:02 | category: cowpers & 200mph |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:02 | category: - |
コメント
どういうわけか、回りくどく、かつ、めんどくさい文章をかきつらねるお方がこの方面に多いようですね。

| おれ | 2011/07/19 11:27 PM |

>sssさん

どうも、こんばんは。

"WHITE..."が初めて聴いた音源とは・・・ある意味羨ましい気もしてしまいます。
私はずっと順に聴いていった末"WHITE..."で「うわぁ・・・ここまできちゃったかぁ」と腰を抜かし(笑)・・・「次ハ・・・トンデモナイコトニナルナァ・・・」と"確信"&"ニヤニヤ"だったので・・・哀しい「衝撃」でした。

うーん・・・"200mph"・・・そうですか。
まぁ・・・良くも悪くも・・・一度自分の眼で生の姿を観てみたいと思います。
| 笹野みちる | 2009/12/01 8:38 PM |

じつは自分がcowpersの音源で1番初めに手にしたのはこの音源でした。
「WHITE〜」を聴いた瞬間のことは今でも覚えています。
部屋の中の空気が一気に変わったようでした。
こういう表現は安っぽく思われそうでであまり使いたくはないのですが、大げさでなくそう感じました。それが始まりでした。

最近の200MPHもちょくちょく観ています。本人達はとても複雑でレベルの高いことをしています。けど、音源には未収録の、VHSのあの初期衝動で突っ走るような曲が好きなので、自分にとっては複雑な心境ですね。。

さて、cowpers編の最後はあのVHSですか。。運よく所持しているのでそっちのほうにもコメントさせていただきます。

それでは。
| sss | 2009/11/29 10:59 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ignition72.jugem.jp/trackback/49
トラックバック
Sponsored Links