ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< portraits of past japan tour 2009 (part.2) / @八王子 RinkyDinkStudio2nd8st | main | portraits of past japan tour 2009 (final) / @下北沢 ERA >>
# portraits of past japan tour 2009 (part.3) / @柏 ALIVE

あやや・・・portraits of past 3発目のライヴは・・・柏かぁ。
むーん・・・柏なんて行ったこと・・・行ったこと・・・あります!
あります!というか・・・実は昔・・・常磐線沿線に住んでいたことがあったんです。
で・・・よくお買い物には柏に出掛けてました・・・懐かしいなぁ。

しかし・・・その頃は何故か音楽から全く離れていた時期でして(なんでだったんだろう?)・・・駅前でヤンキーがガチで乱闘しているのを見ては「おおぅ・・・柏City-Hard-Coreだなぁ」(多分違う)などとほへぇーっと感心していたものでした。

うーん・・・あれだけ柏に行っていたのに・・・柏ALIVEを全く知らない。
とりあえずまたも手書きの地図を頼りにほてほてと歩き出すのですが・・・こんな方にライヴハウスあるのかなぁ?・・・と不安になりながら猫背でキョロキョロしているのです。

んむ!?"SONZAI"(envyのレーベルですね)のTシャツ着てる人がいる!
んあー・・・よかった・・・こっちでいいんだ・・・とさりげなくその人の後を尾行するわけですが(笑)
ん・・・ここ!?レストランの2Fなんだぁ・・・へぇ。

うーあ、結構もう入ってます。
とりあえずソフトドリンクをオーダーして状況観察、観察。
う・・・ん、何だろ。
とりあえず今まで@西荻FLAT~@八王子Rinky Dinkと観て来たんだけど・・・ちょっと雰囲気違う。
FLATとかRinkyはportraits of pastのコアなお客さん!という感じだったのですが・・・envy / kamomekamomeも出演ということもあってかportraits目当て!という感じではないような。
特に・・・envy割合が多い感じがするなぁ・・・もちろん私もとても楽しみなのですが。
portraits of pastにはちょっとアウェイという感じなのかなぁ。
むん!それはそれで楽しみ!


・kamomekamome

うー、あのねー、酷いんですよー、いや・・・kamomekamomeがじゃなくて。
私の友達が"kamomekamome"を観て私に語るに「ヴォーカルの動きが面白すぎる!」・「バックはかっこいいのにそれを台無しにするポージング」・「激必見!」って・・・なんでそんなに私を色眼鏡に染めようとするんですか!
(kamomekamomeファンの方・・・誠に申し訳御座いません・・・友人に代わってお詫び致します) 
うし!とりあえず動きだけは要チェックしよう!(・・・染まってる・・・)

kamomekamome・・・START!
う・・・ん!?・・・いや・・・「動き」のことはおいといて(笑)・・・これ・・・かっこよくないかぁ!?
とにかく・・・リズムが・・・クル・・・キます!
個人的にいきなり刺さったのはドラム!これは・・・キモチイイ・・・超自分好み。
いや・・・というか・・・各パートのスキルが凄く高い気がする。
えっ!・・・ベースの方・・・ex.SWITCH STYLEなんだ・・・凄い・・・懐かしい。
でもって・・・向さん・・・いや・・・全然かっこいいと思うのですが。
確かに・・・動きは"idea of a joke"的な感覚を匂わせるんだけど(笑)・・・そもそも私は"idea"好きだし・・・や、ともかくヴォーカリストとしての存在感が凄い。
とりあえず友達の言ったことは忘れます(笑)
とにかく!グルーヴ感が気持ちいい。ザックリ・・・クル・・・キます。
そしてその渦の中心は紛れもなく向さんのヴォーカルですね。
実にリズミックに歌い込みつつも狭間に襲う凶悪なハードコア唱法。
初めて観たんですけれどもこれだけ引き込まれるのは凄い・・・なぁ。

MC・・・いやぁ・・・面白いです(笑)・・・さすがex.ヌンチャク、ベテランというか・・・人間性なのかな?
んんー・・・個人的にはメロディックを感じさせる曲と『あとはてめぇで考えな!』(だったかな?)と吐き捨てて終わらせたラストに痺れました。
むーん・・・いい!・・・いいじゃないですか!・・・一発目から好感触!

あ、でも向さん、なんかportraits of pastにはあんまり関心なさそう(笑)


・envy

むむむん・・・むん!
いやぁ・・・この位のハコでenvyが観られるなんて幸せですね!
いきなり物販にテツさんが座っていて「うひん!」と(笑)
うーん、向さんはMCにて終始envyの話しかしなかったのですが(笑)、やはりテツさんにとってportraits of pastは胸にくるものがあったのでしょう。
portraits of pastについて珍しく饒舌にMCをかましていました。
(「喋りすぎた」って結局途中自分ででSTOP入れていました)
でも・・・気持ちはわかる・・・ほんとに・・・夢みたいですもんね。

ライヴは・・・それは・・・もう・・・素敵でした。
あれだけ持ち上げて申し訳ないんですけど・・・向さん・・・持ってかれちゃいましたね。(ごめんなさい)

個人的に思ってしまうのですが・・・envyはこのくらいのハコで観るのが一番刺さるような気がしてしまうんです。
とてもスケール感のあるバンドではあるんですけど、やっぱり私は彼らの『熱』を逃げ場のないくらいに感じたい。溶けちゃうくらいに。

"ISIS"というバンド(海外:HYDRA HEAD RECORDS,Ipecac)がおります。
知っておられる方も多いと思うんですけどそれはもうかっこいいです。それはもうね。
LIQUID ROOMで観てそれはもう私はズガポンとヤられました。ズガポン。
その時はenvyも競演していたのですが・・・私は凄く不思議な感覚を覚えたのです。
envyって・・・実は・・・物凄く人間臭い(誉め言葉なんです)バンドじゃないかなぁ・・・って。
究極『1対1』で(より内面的に)向き合うバンドじゃないかなぁ・・・と。
ISISも内面性はとても強いのだけどもっと『デジタル』な感覚が強いバンドかな・・・とも思い。
あのですね・・・話がまとまらなそうで・・・今非常に困っているのですが(笑)、両者とも強力な内面性を感じさせながらも、別のベクトルを持っているのが興味深いなぁ・・・なんて思います。ます。

ということでenvyのライヴは周り一切無視、『envy vs 私』という感覚でトリップしたい私ですね(笑)

もう・・・全くライヴのことを書いていない・・・なんなんでしょう(笑)

『君の靴と未来』以降のアルバムの曲を中心とした楽曲をenvyは心を込めて。
観られた皆さんは『皆さんにとっての最高の曲』が心に刺さったと思います。

・"A Cradle Of Arguments And Anxiousness"
・"Color Of Fetters"
・"Farewell To Words"

私は・・・この3曲に尽きます。
全く意識していないのに歌詞が口をついて出てきた時は涙が出そうになりました。

えーと・・・あれ?・・・私・・・そんなに頭良かった?(笑)


・portraits of past

むんむんむん!FLAT~Rinky~ALIVEと3連発で観るわけですが・・・やっぱり・・・ドキドキです。
んー・・・ありゃりゃ・・・envyが終わったらみんな下がり気味・・・かな?
っていうか・・・FLAT~Rinkyの時は「あーあの人またいるなぁ」なんて方もチラホラ見かけたのですが・・・さすがに・・・柏にまでは来ないかぁ。
うぁ!私だけなのかなぁ・・・ちょっとオカシイのでしょうか(涙)

んふふ・・・でもこれだけ観てくると・・・なんとなくメンバーのキャラがわかってきますねぇ(笑)
Vo.のRobはクゥルネス!・・・というか結構シャイなのか控えめさんですね。
ちょっと他のメンバーと空気感が違います。
でも・・・いざライヴにスウィッチすると・・・あのスレンダーな体からは想像も出来ない『激』なる声で張っ倒されます。本物だ。
しかし・・・やっぱ・・・Mark Arm(MUDHONEY)に似てる(笑)
Dr.のMatthew(ex.Funeral Diner)はお調子者というか一番フレンドリィです。ニコニコ!
毎回トランクス一発でとんでもないドラムを叩き出していましたが・・・そういえば・・・ex.NineDaysWonderのカワサキさん(現mouse on the keys)も初期9DW3ピースの頃・・・陸上競技用のパンツ(?)らしき姿で叩いてた・・・いやぁあれは凄まじかった・・・って関係ないじゃん!
Ba.のJeremyは終始一貫クゥルネス!大人!・・・でも・・・ルックスも大人というか・・・オッサンに見えてしまうのですが(笑)
や!でもいい仕事するんですよね。
音源やライヴでも「ボワーン」というか結構歪んだベース音(B.T.Butchersの射守矢さん的)なのによく音がアンサンブルに潰されずに通る!・・・不思議・・・ベースも可愛いし(笑)
Gu.のJonahは初めは一番常識人かと思っていたのですが・・・まず・・・服のセンスがオカシイ(笑)
常にベストを着用(スーツに合わせるようなやつ)しているのですが・・・あれは・・・かっこいいのでしょうか(笑)・・・しかもだんだんエスカレィトしちゃってるしなぁ。
初めは猫を被っていたようですが・・・実はかなりなお調子者だと私は見抜きました!
なんか変なセンスなんだよなぁ(笑)
もう一方、くせっ毛の方のGu.のRexは・・・よく見ると結構イタイ顔(失礼!)なんですが・・・雰囲気ありますねー。なんかかっこよく見えちゃう。
うーん・・・「レジェンダリィ」って感じ・・・します。
フリルの付いたシャツをきているところなんかがまた(笑)・・・でも・・・意外とモテるのかも。(推測)
【追記:finalでRexを観直したら「イタイ」どころか凄いイケメンに見えた・・・あれ?・・・視力0.1ゆえ・・・許して下さい(笑)】

と・・・下らない妄想で文章を埋めている場合じゃありませんっ!

セッティングも終わり・・・遂に・・・レジェンダリィ・・・"portraits of past"・・・START!
んんん・・・ん?・・・メンバーがPAに必死に照明を落とせとジェスチャアしている・・・うむうむ、確かにそうですな・・・雰囲気大事!

うぁん・・・何回聴いてもこのアルペジオからの始まりは緊張する・・・そしてベースの歪んだ音が地の底から鳴り響く・・・もう3回目だけどゾクゾク・・・アルバム"01010101"のM.1"Kqed equals volvo"・・・『暴発』!!!

そして・・・お約束ではあるんだけど・・・あるんだけど・・・"Kqed equals volvo"からこの流れを聴かずして"portraits of past"を語る勿れ・・・あの独特の旋律にて幕が開ける・・・そう・・・"Bang yer head"!!!・・・むひむひ(狂)
ドコドコバタバタむひー!な激ハードコア展開から実に自然にあの美しい世界観に持っていき・・・暴発前の予兆の静けさ・・・そして・・・あまりに『激』なのにあまりに『美しい』・・・『暴発』!!!
むー・・・私が聴いてきた音楽の頂点といってもいい曲を生で3回も浴びることが出来るなんて・・・幸せ。
でもJonah、機材トラブル起こしてなかった?(笑)
(他の曲・・・だったかな?)

むんむん・・・今回も新曲は2曲挟みましたねー。
もー・・・これは本当に言い訳が出来ないんですけど・・・新譜を未だ購入していないので・・・曲名がわからないのです・・・ごめんなさい。
でも・・・ライヴで生で聴いた限り・・・極上!ですね。
特に・・・先にヤる曲は・・・新局面なんだけど・・・portraits節なんだけど・・・素敵過ぎ!
ダッシュで買おう!ユニオンの中古コーナーの魔力になんか負けませんyo!

もう・・・あとは・・・メロメロなんです・・・溶けちゃいます・・・ひゃん!
アルバム"01010101"のB面・・・M.1"Implications of a sinkhole personality"・・・M.3"Something less than intended"・・・完璧という以外に何か言葉・・・あります?

アンコールはFLAT~Rinky同様"Bleed / split"の"Journeyman"のみでシメ・・・かな・・・と思っていたら・・・もう1曲新曲披露!
おお・・・ちゃんと・・・やる気・・・あったんだ(笑)
(・・・いやいや・・・ほんとに全く同じセットリストで全tour通しかねない雰囲気だったから・・・)

そして・・・"Journeyman"でグッサリ!
むん・・・実はそんなに音源では好きな曲ではなかったのですが・・・生だと・・・もう・・・すげぇっす。


うん!FLAT~Rinky~ALIVEと完全に右肩上がりのアクトをブチカマしてくれましたね!
FLAT~Rinkyのスタジオライヴでのカオスな世界観以上に・・・ALIVEのステージ上に屹立する"portraits of past"の姿は・・・鳥肌ものでした。
それに・・・kamomekamome / envy の凄まじいアクトが彼らを引っ張ったんじゃないかなぁ・・・とも思うのです。

スタジオライヴにもライヴハウスでのライヴにもそれぞれに良いところがあるとは思う・・・思うけど・・・ALIVEでの全てのアクトを観て感じたのは・・・厳しい物言いなんですけど・・・FLAT~Rinkyでの全体としてのアクトの『ヌルさ』・・・正直に言って。
それは共演したバンド然り・・・そして(私も含めた)観客然り。
原因はともかくとして・・・私にとっては結果としてALIVEの全体を通した『1つの作品』としての"SHOW"の鋭さに『魂ヲブチ抜カレタ』ということ・・・なのです。
原因?・・・うーん・・・まぁ・・・『たまたま』・・・だったのかなぁ?
スタジオだからとか・・・ライヴハウスだからとかは・・・あまり・・・関係ないのかなぁ?
むーん?

【追記:portraits of pastのアクトはどの会場においても素晴らしかったことに間違いはありませんので、皆さんが行かれた会場で感じた感動そのものを否定する気持ちは全くありません。あくまで個人的な感覚ですのであまり気にしないで頂ければ幸いです。】




帰り際・・・たまたま近くの人の『やー、もう、今日はenvyにもってかれたぁ!凄いなぁ!話できないかなぁ・・・』なんていう声が聴こえて・・・ほっこりした気持ちになったり・・・envyのTシャツを着こんだいかにもenvy freakな人がportraits of pastのdiscographyとnew singleを2枚ともガッチリと握っているのを見て・・・またほっこりとした気持ちになって・・・帰途に着きました。

ほんと・・・嬉しいなぁ・・・こういうの。





@下北沢GARDEN
w:envy / Z / heaven in her arms

ひん・・・これ↑・・・これ↑・・・これ↑・・・楽しみにしてたのに。
@西荻窪FLAT~@八王子Rinky Dink Studio~@柏ALIVEの3連発にて・・・死亡。
疲れてるのに無茶し過ぎ・・・熱を出して・・・布団に沈没。
わざわざ上京して・・・チケットも買ってあって・・・ほんと・・・最低。

っていうか・・・"portraits of past"・・・この期に及んで・・・まだ・・・行く気だったのかぁ(苦笑)

ほんと・・・哀しいなぁ・・・こういうの。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:22 | category: live act |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ignition72.jugem.jp/trackback/44
トラックバック
Sponsored Links