ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# zirconium / ここでしかいれない

 【★★★★】

んふ。zirconiumですね。

私は朝、「自分を励まそう!」なんて音楽をグァッチリとブチかます…などという前向きなことがまったくもって出来ない鬱々な人間なのですが(帰ってきてからYo la tengoを聴いて号泣してる…困ったもんだ)何故かこのzirconiumのalbum表題曲"ここでしかいれない"は地獄のような朝(笑)でも聴きたくなってしまうのです。窓から差し込む朝日にシンクロしちゃうんだなぁ…これが。
そう。ただ。ただひたすらに「良い曲」なのです。うん。うん。

関西を拠点とする大ベテランですよね。もしかしたら知らない方もいらっしゃるかもしれませんがZK(レーベルですね…好きな方も多いでしょう)のLast(かな?)リリィスがこのzirconiumだったかと思います。
さて。何ゆえこのバンドに魅かれたのかと申しますと…。
Cowpersのせいなんですね(苦笑)。ちょうど同世代くらいに当たるのかな?
某誌のバックナンバァを漁っていたところ現動氏の発言の中で「zirconium、Dig a hole(共に関西の雄)らとのLiveに衝撃を受けた」のような(すみません…ちょっと正確ではないかも)部分がありまして…。
そうなったら勿論追いかけるしかないでしょう(笑)。

最初に手に入れたのはカセットのデモテープでした。申し訳ない…一所懸命探したんですけど何故か見付からない。イタイ。おっかしぃなぁ。すみません。
記憶を頼りに。えーと…確か全て英語詩だったかと思います(本作は全て日本語詩)。しかもポーグスのカヴァ(シブい!)あり。
うーん。まぁ正直に言って「あれ?」と肩透かしをくらった感があった記憶がありますねー。
こんなもんかなぁ…と。
(すみません。もしかしたらそれzirconiumじゃなかったのかも。あう…違ったら許して)
んが。んが。諦めの悪いところが長所(と思いたい)で御座いますのでzirconiumがZKよりリリィスとの朗報に「イヤハァイ!」と喜びの雄叫びをあげましたです。はひ。その喜び度といったら全国でもTOP3に入る自信ありますよぉ(笑)。

で。ちょっと(?)だけ脱線&前振り(笑)。
テープ以降もzirconiumの音源を探していたのですが何とこんなコンピが!

知ってらっしゃる方も多いかもしれませんが岩崎一敬さん主催するbiscuit(レーベル?)にLess Than TVとZKがサポートしてブチ上げられたコンピです。ヤヴァい代物で御座います。 
ぶっちゃけこれ単独で書きたいくらいですがちょうど今回とLinkしておりますので。
ブチ込まれたバンドをつまみ食いさせて頂きますね(笑)。


☆Paume:むーん。もしかしたら音源自体にヌルさを感じちゃう人もいるかもしれませんが、そのLive actは圧巻で御座います。私も実はちょいとナメてLiveに臨んだのですがそのギタァの切っ先の鋭さはAlbiniさえほうふつさせます。ゾクリとキましたね。その感覚が音源に反映されていないのがすこぶる残念…かなぁ。

☆Plug:これは…敢えて書きません!絶対に単独で渾身の力を込めて書きたいバンドなので。兎に角…世間的評価が余りに低すぎる!日本の至宝と声を大にしてお勧めしたいバンドです。

☆We are the world:Less Than TVの谷さん、fOULの平松さんを擁するスットコドッコイバンド(笑)。んが。この曲はいいです!コンピの中でもかなりにお気に入りで御座います。

☆Turbine:このバンドは全く知らなかったのですが一聴して一発でヤられました。音質がチープなのはともかくとしても曲がヨイ!いわゆるemotionalかつクゥルな感性ですが兎に角Liveが観てみたかったです。こういうのヨワイんです(笑)。

☆Berotecs:不穏なギタァの鳴り。コートニー・ラヴを思わせるビッチ声。いいですね。後にこの女性gu,voはコーパスに加入。Live観させて頂きました。てかゼロ一体…。

☆Lovepunch:えーと。確かbiscuitってLovepunchとPowder(岩崎さんの在籍していたバンド)の共同経営だったはずですが…。それはともかくLovepunch。期待していたバンドだったんですが。うーん。

☆Soak:うん。うん。嫌いじゃないです。何回かLiveを観たことがあるのですがベェスの音圧がハンパなかったですね。この音源はよかですたい(笑)。

☆zirconium:"Pool"という曲ですね。singleにカップリングされているナンバァです。重たい音圧で終始攻めるという、後から分かるのですがzirconiumには異質な曲です。むん。こういう音はかなり好みなのですが、曲そのものの魅力に未だ甘さを感じてしまいました。果たしてこの曲を聴いて虜になれるのかと言われると…。

☆Holewater:このコンピで最もLiveを観たかったと思わせるバンドですね!正統派のemotionalをヴィシヴァシに感じさせる激圧倒的なクォリティの高さ。海外招聘バンドのサポート対バンに抜擢されていたと聞いたことがありますが納得の一言に尽きます。むん。音源欲しいなぁ。無いべなぁ(笑)。

☆Naht:これは…。もう反則でしょ(笑)。至極個人的な感覚なのですがNahtの最強時代、最高傑作"Narrow ways"からの曲とは。Lastに相応しい名曲ではありますがせっかくなら"Nature"の再録なんてしてくれたら涙が止まりません(笑)。


あやや。zirconiumがスッ飛んじゃいましたね。酷いなぁ(笑)。

不思議に思います?いかにCowpersのお墨付きと言えどそこまでにzirconiumの音源に過剰なまでの期待を寄せたことに。デモテープに、"Pool"に厳しめ目線を持っているにもかかわらず。
はい。実は「一度だけ」zirconiumのLiveを体感したのです。はひ。
ぶっちゃけてしまうと「地味だなぁ」と思いました。最初は。
彼らは例えるならCowpersやenvy、Nahtや1000toj(は朋友でもあります)のような「派手な」「Rockの恰好良さ」は持ち合わせていない、と思う(極私観ですので…間違いかもしれません。御勘弁を)。
なのに。なのにです。ハセガワさん(vo,gu)の「うたう」姿から目を離すことが出来ない。Liveが進むほどアタマの芯がジンジンしてくる。Heat up。すげぇ。すげぇ。凄いヴォゥカルだ。誠実だ。真っ直ぐだ。所謂「Rockの」「派手な」「恰好良さ」的なベクトルとは全く違うのに胸倉つかまれて離さない。正直まわりにHeat upの感は見えなかったけどLastの曲では完璧に打ちのめされた。スティジを去って行く姿が残念でならなかった。のです。惚れたのです。
非常に残念なことにLiveはその1回しか体感出来ていません。が。んが。その時点で確信致しました。「こりゃ音源間違いねっすの」と。

で。「ここでしかいれない」。私の周りでは全く盛り上がりませんでした(ありゃ)。勿論各々好みがあるとは思いますので致し方ないとは思うのですが…ムキーッ!(笑)。あの時は失望しちゃったなぁ。
私は…「お見事!」と手を叩かずにはいられませんでした。
うーん。確かにパッと聴いて「どひゃあ!」と惹きつけられるような「あからさま」なRockの恰好良さを体現している音源ではないとは思います。むん。
彼らはインタビュゥの中で『まあ、僕らはナートとかカゥパァズみたいにロックの化けモン系みたいな、「ドーン!」ってくるような演奏ってできひんから「一生懸命いい歌作って」みたいな、違う直撃の仕方で行きたいなと。(中略)僕ら、強みいうたらアレやけど、歌詞とか歌だけやなくて、普通に演奏しても(曲の展開が)サラッと行かないじゃないですか。まっとうなことやってても、それは自然と出るというのがあるから。』と語っています。
むーん。そっか。やっぱり自覚してるんだ…。もう言うべきことが無いです。まさに彼らが語ったことが全てだなぁと思うのです。
兎に角ひたすらに「いい歌」に殉ずる姿勢。そしてCowpersやNahtらと世代を同じくしていると感じさせる(あからさまではないのですが)微妙な変則感。バックボォンが広いんでしょうね。

"ここでしかいれない"。激轟音でなくギタァの「ジャリン」とした鳴りと胸を衝くアルペジオ。むん。良かですねぇ。個人的ツボ入りまくりです(激轟音もツボだったりしますが…)。そして。やっぱり。御本人様が言われるように曲が、歌が、ヨイ、ヨイ、ヨーイ!のです。あは。捨て曲当然皆無也!全6曲。若干少なめに感じるかもしれませんが「魂」入ってます(個人的にこの位の長さのalbumは好き)。
彼らが影響を受けたと公言するモノとしてNY PunkとMy bloody valentineをmixしたようなアートロックの路線(PowderやBPみたいな感覚?)とDIP(おおぅ!大好きで御座います)そしてblood thirsty butchers(…これは聴いた時から確信しておりました)この3者を足して3で割って「腐らせた」感じ(笑)だそうです。
その他にもニューエスト・モデル(もう無茶苦茶に恰好良いバンドでしたよね!)やストリート・ビーツのようなオルタナ・テイストを含みつつ「言葉」直撃系のバンドにも痺れたようでして、攻撃的ベクトルとは違うものの「言葉の殺傷力」というものをzirconiumにはヴィシヴァシと感じてしまいますのです。
曲は…自己の抱える内面性を照らし出す情緒感が溢れ出す様な胸にグッとキてまうRockin'です。好きだなぁ。直撃ですね。
そうですね…。中でも魂ブチ抜かれてまう曲といったら。表題曲M1."ここにしかいれない"はもうマスタァピィスでありますけど、M4."本当をこえろ"は胸をギウギウ締め付けられちゃいますね。ほんと大好きで御座います。そして。ラスト・ナンバァM6."自覚の向こうへ"。うーん。実は正直この曲最初に聴いた時OUTと思っていました。スピード感(爽快感)溢れるままに疾走していく「外へと向かう」ナンバァ。基本ダァクネスにて自己の内面に向かってしまうナチュラル・ボォン・ダメ人間(笑)の私には「向いてねー」という曲だったはずなのですが…。5回目くらいかなぁ。ダァクネスとかダメ人間とかはともかくとして(苦笑)「あれ?この曲凄く良い曲なのではなかろうか!?」とダメ人間は気付いてしまったのです。そっからはジェット・コーォスタァ。虜になるのにさほどの時間はかかりませんでしたねぇ(笑)。うーん。このM6"自覚の向こうへ"がLastを飾ったが故このalbumは傑作と成り得たのだなぁ…とトンチンカンに独りニヤニヤとしております。えへへ。

実は私がBoy's LifeやMineralなんかを聴くようになったきっかけはzirconiumなんです。
何かの本で(本好きだなぁ(苦笑))ちいさ〜く(笑)zirconiumが紹介されていて、そこにBoy's LifeやMineralなどを好んで聴いている(?)みたいな記事が載っていた(…多分。記憶に間違いが無ければ)為、速攻買いに行ったのは懐かしい思い出です。


むーん。zirconiumのLive、もう一度、何が何でも観たいなぁ。
| comments(1) | trackbacks(0) | 00:20 | category: zirconium |
Sponsored Links