ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# The Century of Self / ...AND YOU WILL KNOW US BY THE TRAIL OF DEAD

 【★★】

・・・最近は普段手に取らないようなものを聴こうと努力しています・・・。
(・・・挫折しそうですけれども・・・。)
なにしろ、2000年付近以降は地下に潜ってしまった為、いわゆるこの辺の音楽的知識が皆無なのです・・・。

さて、「TRAIL OF DEAD」。(名前、長い・・・。)
ここのところの音楽誌には随分と取り上げられているようですね。 
某誌ではlostageの五味兄さんが批評していたり、ライターの小野島大さんがかなり厳しく批評(・・・やるなぁ・・・)していたりと、なかなかに興味を惹きます。

何の予備知識もなくほとんどジャケ買いのような状態で買ってしまいました・・・。
バンドネームとアートワークからサイケデリックで結構マニアックな感じかな、と思っていたのですが・・・。
「ロック」ですねぇ。(いや、悪い意味はなくて・・・。)
メジャーレーベルのインタースコープを離れてのアルバムなのですが、変にマニアックに走ることなく聴きやすいアルバムかなぁ・・・、と感じました。

先ずは・・・m mの流れには痺れますね!
mThe Giants Causeway!インストなのですが実はこのアルバムの中で一番好きな曲なんです。
何かが始まるという予感とその壮大なスケール感!
欲を言えばもっと音圧がぶっとぶくらいあったらなぁなんて思いますが・・・。

そしてたたみかける様にmThe far Pavilions〜mIsis Unveiled!
これはもうライブだったらたまらないでしょう。
ガシガシにのってしまいますねぇ・・・。
ぶっちゃけて言ってしまうと、ここまでの3曲で終わってもいいくらいですが(笑)。

mPictures of an Only Child。
これも雰囲気たっぷりのアルペジオから「うた」へとつながる流れ。
ロッキンな感じよりもこういうほうが好みかもしれません・・・。

mAscending!
再びロッキン!かっこいいですねぇ・・・。

とにかく曲の密度が高いですね。
展開が多いにもかかわらずけして変則的にならないのはセンスなのでしょう。


と、ここまでほめちぎってきましたが・・・。
(・・・やっぱり・・・。)

・・・とにかくアルバム(曲も)長い!長すぎる!
アルバムはどんなに長くても40分以内という(ものすごい勝手な)個人的鉄則がありますので・・・。
(・・・だって・・・集中力が続かないし、もう一度聴こうという気分になれないし・・・。)
必ずしも「長いアルバムはOUT!」とは言いませんが(sonic youthの「Daydream nation」とかは全然OKだし・・・。)、要は上記にあげた曲以外はあまりひっかかってこないんです・・・。
個人的な価値観の相違があるのは重々承知ではあるんですけど・・・何回聴いても・・・どうしても。
不純物(・・・あっても無くてもいいような・・・曲・・・)も多いような気がしてしまうんです・・・。

それともう1つの個人的な違和感・・・。
あまりに・・・「まっとうすぎる」ということなんです。
これは・・・非常に・・・説明が難しいです・・・。

かつて「OASIS」の1stを友達から「絶対いいから!」と貸してもらって、すごくがっかりしてしまったという経験に近いような・・・。
いや、全員に聞かせれば9割の人はいいっていうんだろうな、という感覚はわかるんですけど・・・。
でもOASISを聴いて音楽の世界に没入していくことは個人的には絶対にないなぁ、とその時に思ってしまったんです。
なんというか、「まっとうで受け入れやすいもの」(・・・では言葉が足りないのですが・・・ごめんなさい・・・うまく言えません・・・)にはうまく「フィット」できない・・・。
どこかしらささくれだった感覚に惹かれる・・・。
それならOASISよりもnirvana/jesus lizardのsplitの世界観の方が「フィット」する・・・。

どうしてもこのアルバムは一番大事なところが引っかかってくれないんですね・・・。
(もちろん、先にあげたとおり好きな曲もあるのですけれども・・・。)

決して、「悪くはない」アルバムです。
でも「悪くはない」程度のものを聴きたいとも思わないのです。

・・・ただ、メジャーの頃のものよりMergeから出ていた音源の方を聴いてみたいですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:20 | category: ...and you will know us by the trail of dead |
Sponsored Links