ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# forget me not / 3songsCDep
 
 【★★★★】

はふ…こう見えても実は花やハァヴが(ちょっとだけ)好きで「ワスレナグサ」(これもハァヴなんです)という花があるのですが、これ西洋でいうところの"forget me not"(「私を忘れないで」)というまぁそのまんまの名前なんですね。切ない名前ですけど。

で!そんな切ない名前なのにその「おと」は全くもってそんな感覚を微塵も感じさせないというあまりに不可思議なのに何故なのか偉大すぎるバンドイコォル"forget me not"。

もう!もう!本当にこの音源だけは!…というか"forget me not"だけは書かずには絶対死ねない(ものは実は一杯ありますが)んです!どうか明日死にませんように。いや真面目に"forget me not"に関してはジャパニィズ・アンダァグラウンドシィンにおいて(至極個人的にですが)凄く重要なポジションに位置しているバンドだと思うのです。っていうか…もう単純に好きなんです(笑)大好きなだけなんですね。最近はLiveへ行くのにも足が重いのですが"forget me not"となるとやっぱりついつい…なのです。

さて"forget me not"といいますとどうしても切り離せないのが、インディレェベル界の中において最重要レェベルと言っても過言ではないでしょう!"IMUPULSE RECORDS"!!! "forget me not"のdr.であるイカワさんが運営しているレェベルなのですが、実は私もお世話になったことがあるのですが良心的でとにかく誠実!採算は大丈夫なんでしょうか?と心配になるくらいのD.I.Y精神溢れるサァビスには「ひたすらに音楽を広めたい」という「熱」がぐぁんぐぁんに伝わってきます。ただただリスペクトに尽きるのみ。手書きのメッセェジも同封して(当たり前のことなのかもしれないけど)というところに泣けてしまいます。またもちろんレェベルとしても"thread yarn","TG.Atlas","sora","Fountain of Rich Aroma","Answer","VA / Here Comes The Bottom Line"etc...のリリィス、さらにも次なるリリィス予定もザックリ。ほんと"CATUNE"や"Less Than TV"に肩をならべるレェベルとしてバンドを輩出しまくっていますね。

さてこの"forget me not"の"3songsCDep"。正直一発で聴いてヤられました。ところがですね、聴き込むほどに「なんじゃこれ!」という彼ら独特の猛毒が全身を巡りまくるのです。ちょうど自分の中の「激情」全盛期だった頃にこの音源を聴いた訳で、その感覚にはストライクな感じだったのですがザックリ聴き込むほどに「oi!oi!oi! これは…ちょっと違うyo!」ってな?ギタァの激轟音とクリィンパァト、そして絶叫具合は「激情」センスをくすぐるのですが何か根本的に狙っているところが違うような気がする。emotionalというか叙情性のようなものは90%(?)くらい削ぎ落としてあるというか…微妙にあってもオチまではつなげないという確信犯。結果ギタァのリフもイヤァな(笑)感じのリフを凄まじくテクニカルに撒き散らすことに。しかもクリィンのアルペジオでもやっぱりイヤァな感じ。ずっとだ(笑)いや!そこがいいところなんですけどおそらく不協和音的な弾き方を使っているとは思うんですが、不思議に全体的な統一感が感じられるというか「不穏」は感じられてもバラバラな「不協」感覚はない。これはもうセンスだと思います。叙情ながらイヤァなアルペジオとかもう意味がわからない(笑)

展開の仕方も見事!これはもう私のツボにずっぱまりですね!"SEROTONIN"的な感覚も若干感じられますがやはりもう彼らのオリジナルなセンスがバァストしまくっています。「オチ」のないエモゥショナルなギタァの激轟音の壁からイキなりテクニカルな単音のリフの応酬(ちなみに"forget me not"はスリィピィスです)、2人の激ヴォゥカルの掛け合いに随所に挟まれる変則的リズムフック・ドラムフックの末にはほんとにイヤァなギタァリフ(笑)から展開して叙情なのにやっぱりイヤァなクリィンアルペジオから反転ギタァの激音の壁、再びクリィンにてたまには(笑)雰囲気あるアルペジオで引っ張って引っ張って引っ張って終幕を下ろす。まぁなんてのは一例で、激カオティックからテクニカルシングルノォトなリフをぶち込んでさらにはイヤァなミュゥト(笑)から何故か気持ち悪いエモゥションを感じさせるクリィンギタァで終わる…かと思ったら全く前後の脈絡のないいきなりの激カオティックにて暴発する…って一体何なんでしょう(笑)

むん!なんと言いますかこういった「激音」「激ヴォゥカル」といったスタイルのバンドの中でもとにかくあらゆる意味での「ストイック」なスメルをヴィシヴァシに感じてしまうんですね。「激音」で「叙情性」をたっぷり感じさせてくれるバンドも大好きなんですが、敢えてこういうクロウトをも唸らせるようなビタァな感覚はもう!たまりません!むーん、"ep"なのでそれはもう全曲非常に美味しく食せるのですが敢えてのお勧めは…

M1.つなぎ合わせた結末

これはもう!ご飯何杯でもイケます!というか"3songsCDep"の中では一番「スウィィト」というか誰が聴いても痺れるんじゃないかというか(笑)カッコヨイナァ…。

"forget me not"はこの"ep"だけでもトンデモナイ完成度なのですが、その後もさらに恐るべき「深化」をズブズブと遂げていきます。ちょっと信じられないくらい…。あ、ちなみに私が書いているバンドにしては珍しく(苦笑)解散はしてませんよ。(2009年12月現在)


むん!今回は「ボォナストラック」ということで・・・

これは"IMPULSE RECORDS"からリリィスされた大名盤"4way split"である"DOORS"というヤヴァいシロモノなのです。っていうかこっちのほうが有名なのかな?ちなみにその"4way"のメンツはといいますと…


"revival sleep"(R.I.P)

非常に申し訳ないのですが"revival sleep"は知らなかった。恥ずべき無知。ムチ。mu-chi。んがんが!音源を聴いてヤ!ラレました。私好みの叙情感タップリマンタンなくせにクゥルネスかぁ。とってもとっても残念なことに解散済みなんだそうです。(この"BLOG"に載ったせいではないので)


"sora"


これはもう!私も大好きなバンド!というか好きな方は本当に多いんじゃないでしょうか!"killie"のメンバァであるウチダさんを中核とする「激」かつ「エモゥショナル」かつ「うたごころ」溢れまくる素っ晴らしいバンド!何故か"killie"とベクトル逆向き(笑)でもやっぱり「激激激」は健在!とにかくウチダさんのギタァとヴォゥカル!そしてとにかく凄まじいの一言に尽きるドラムは圧巻!"Live"絶対観た方がいいです!あとウチダさん「観客」として現場(ハコ)でよく見かけますよ(笑)


"folio"

これまた…。本当によいバンドなのでゴザイマスyo!!! 「激激激」という感覚でなく、それはもうひたすらに美しき旋律を地の果てまで追求する貴重なバンド。2本のギタァの万華鏡の如く絡み合う音像、美しき「うた」にとろけてしまうあのヴォゥカルの「こえ」。はふぅ…。あの"bluebeard"以来の収穫といっても過言ではないのかも。"Live"を体感することができたのですけど、やっぱり「生」だと凄い。"tori-hada"モノです。


というわけで"Last"のバンドがボクモワタシモダァイスキ我らが"forget me not"なのですが、彼らはあまりに我が道をgoin'し過ぎちゃったのかこの"split"の中ではある意味浮いちゃっているような気がしなくもありません。ですが正直一番ザックリと私には刺さります。はっきり言って。もはやスウィィトネスなどアトカタもなく基本はあくまで「激」でありながら更には「変則」と「不穏」と「静寂」が必要以上に磨き上げられまくっちゃってる。そんな私がどうしてもどうしてもどうしても聴いてほしいなぁと思う曲は・・・

M5.君の顔に映す

微妙な"emotion"95%カット(当社比)、不穏と激カオティック、そして何より…中盤の「無音」のあまりにヒリついた緊張感とその直後のあのギタァ…Liveで観た時…まさに「震え」ました。是非…体感するべき!

はふ…もし"DOORS"の曲も入れるのなら評価は【★★★★☆】になるかなぁ。これだけ好き好き言っておいてなんなんですが、あまり皆さんは好きにならないかも知れません(笑)しかし本当に残念なことに"forget me not"実は重大な欠陥があるんです。それは…それは…

"3songsCDep"からの曲、"Live"で全っ然演らないじゃぁないですかぁ!!!

名曲揃いなんだからお願いですから演って下さい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:25 | category: forget me not |
Sponsored Links