ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# HEROIN / HEROIN C.D.

 【★★☆】

それはもう…M1."Head Cold"のドラムが鳴った瞬間から痺れてしまうのです。
"HEROIN"!... from"Gravity Records"!  はふ!

それにしても何で友達にCDやらvinylやら貸すと2度と戻ってこないんでしょう?しかも自分でも忘れているので友達の家で「あ!これ持ってるんだ!」って…それ自分のだよ(笑)…ということがお互いに行われてしまっているので自分の家の音源も正直誰のだかわかりません。仕方がないので"HEROIN"買い直しました…ふが!

えぇと特別期待をされている方もいないとは思うのですがまたも期待を裏切る結果になりました(笑)
でもですね…"my space"で"HEROIN"を聴いて「うわ!やっぱりこりゃかっこいいわぁ!」といてもたってもいられず買い直しちゃうくらいのDiscなんです、これ。

と、偉そうに言っていますが実は初めて買って聴いた時…何がいいんだかさっぱりわかりませんでした。なので"HEROIN"買っちゃって聴いてみたら全くもってすかぽんだったという可能性はかなりの確率であるに違いない…のかな?ちなみに私の場合"HEROIN"だけでなく、某SHOP店内で"FUGAZI"が流れていて「うわ!かっけ!」と購入したものの、家で聴いたらその良さがさっぱりわからずに銀盤を「捨てた」という過去があります。(敢えて「売らない」のは…クゥルネス?)まぁ結局買い直しましたが。というあまりに取り返しのつかないエッヂのキいたセンスを持ってしまっているため、書いていることの説得力があまりにも無さ過ぎるのですが騙されて(笑)聴いてみて下さい。

むーん"HEROIN"の前に"Gravity Records"とは一体?何?何?ということになるのですが。お好きな方には私ごときが言うまでもないのですけれども、「カオティック系ハァドコアの総本山的レェベル」…というと聞えがいいのですが、まぁどっちかっていうと変態系というかキ○ガイ系ブォンブォンなる恐るべきバンドを輩出しまくっている一般の方にはほとんど縁はないのですが一部には凶悪な熱狂的信者を誇る殺人的レェベルですね。(すいません…そういうのだけじゃなくてちゃんとしたバンドもきちんとリリィスしております)ちょっと極端に書き過ぎてしまいましたが要は一癖も二癖もあるけれど他にはない唯一無二のオリジナリティゆえにリスナァを魅了してやまないバンド…例えば"Angel Hair","Antioch Arrow",Clikatat Ikatowi"etc...なんて私も「んあ!たまりません!」と発狂しそうなくらいレジェンダリィで、ついでに彼らも発狂していて(笑)本当にカッコヨイノデアリマス。それ以外にも"Tristeza","Unwound","Three Mile Pilot","The Convocation"(←Tonie Joy!)etc...とこれまた真っ当に痺れてしまうバンドもリリィスしているのです。凄いなぁ。

で"HEROIN"なんですがその"Gravity Records"の創世記からの先駆者というか、"Gravity Records"だけにとどまらず世間的には「激情(エモゥショナル)ハァドコア」とか「カオティック・ハァドコア」というものの源流のような位置付けがされているようです。ただ…凄く個人的な感覚なので異論は間違いなくあるとは思うのですが…いわゆる「激情」・「エモゥショナル」・「カオティック」etc...の感覚に期待をしすぎると肩透かしをくらう気がします。"HEROIN"はearly 90'sを駆け抜けたバンドですが、それまでの既存のハァドコアを新しい次元に押し上げようとしたバンドだという感覚が個人的に強いです。(どうしても個人的にその「新しい次元」が「激情」etc...と上手くLinkしないんです…すいません)結果それまでにないハァドコアの形になったのですが、それはバンド的には(わからないですけれども)今で言う「激情」云々というようなイメェジはそれほどなかったのではないか…なんて思ったりします。(物凄い勝手な解釈です、全く違うと感じる方も多いと思いますので申し訳ありません)

その"HEROIN"のメンバァとは"Matt Anderson"(vo.),"Scott Bartoloni"(gu.),"Ron Johnson"(ba.),"Aaron Montaigne"(dr.)の4人の暴れん坊!"Matt"は何とまさにこの"Gravity Records"のオゥナァ!とっても偉い人なんですよ(笑)えーと確か"Crossed Out"でも活動していたのかなぁ?さらに"Scott"は"Clikatat Ikatowi"で!"Aaron"は"Antioch Arrow"で!という上記で挙げたキ○ガイバンドを"HEROIN"の後にバキバキにヤっちゃうわけなんです!恐ろしいですね。んーと、ちなみに"Bonescratch","The Carnival of Dark-split"etc...を率いたカンノヒロミチさんは竹林現動さん曰く「一人で"San Diego"を体現している」という「一人"San Diego"」の称号を頂いておりましたが(笑)"Gravity Records"もまさしく"San diego"直撃でありましてカンノさん思いっ切り影響を受けまくってます。"Carnival"とか好きな方は"Antioch Arrow"や"Clikatat Ikatowi"辺りはお勧めですね!(ただし!"Carnival"とかとは全く一緒ではないので!「不穏」と「狂気」だけ汲んで頂ければ)

肝心の音なんですがさすがにearly 90'sの音源ですので音質・音圧ともにもうちょっとザックリキてくれたら嬉しかったなぁなんて思いますが、まぁそこは音楽の本質ではないので。一応このDiscは"HEROIN"のdiscography的なもので7inch×2,12inchと入っていますが意外とサックリ聴けてしまいますね。M1.~M7.,M8.~M11.,M12~M17.という(おそらく)別れ方でM4.,M18.,M19.は単独の形だと思われます。(長い!と思われる方はその流れで聴けばしっくりくるかと)むん、意外だなぁというかレェベルのカラァ的にもメンバァのその後の動向を考えても不思議なんですけど"HEROIN"って何といいますか微妙にPOPというか「人懐っこい」感覚を受けるんです。もちろん「ベタベタ」ではなくて凄く微妙なところなんですがベクトルが内向的な方向ではなく外に向かう感覚がところどころに感じられる気がします。が!かと思えば曲によってはイヤァナ感じプンプンなこの感覚…どこかで聴いたことがあるような?あぁ…"Born Against"かぁ!って実は"HEROIN"が影響を受けたと公言するバンドの1つがまさにその"Born Against"なのです。このバンドもアンダァグラウンドシィンにおいて凄まじい影響を後続バンドに与えまくったグレィト!過ぎるバンドなのですが、何ていいましょうか…人を小馬鹿にしているとでもいいましょうか(笑)イヤァナ気持ちにさせるには天下一品のバンド…だけどカッコイインダナァ。(無茶苦茶)"HEROIN"はドタバタハァドコアというか疾走感バクバクの曲とミドルにて溜めに溜める曲が大きく分かれますが特に疾走感のある曲は微妙に"FUEL"というか"Mike Kirsch"("FUEL"の中核)が匂うなぁ…と思っていたら。"HEROIN"と対バンしていたのって"John Henry West"!!!このバンド"Mike Kirsch"のバンドじゃないですかぁ!はふ、まぁ実際"Mike"に影響を受けていたのかどうかはちょっと疑問なんですが、疾走感バクバクの曲において微妙なPOPさ加減を感じさせるトコは"FUEL"、疾走感でも若干の変則感を感じさせるトコは"Torches to Rome","Bread and Circuits"(ほど極端ではありませんが)のような感覚を受けるのは…私だけかもしれない(泣)ちなみに"HEROIN"が他にも影響を受けたと言っているバンドと申しますと…"Husker Du","Rites of Spring","Ignition","Gray Matter","Pitchfork"etc...とまだ他にもたくさんありますが"Dischord"周辺を挙げているのが興味深いですね!意外!

何を隠そう(?)実は"HEROIN"の中では私ミドルの曲がずっぱまりなのでございます。何というか「はい!クリィンパァト!」「はい!バァストパァト!」みたいなモロにあからさまな「静」→「動」という感じではないのですが、じわりじわりと「アゲ」ていく感触と落ち込まない(笑)エモゥショナルな感覚はサックリとキマりまくりなのです!でもそう考えるとそのあたりが「激情エモゥショナル」「カォティック」の源流と呼ばれる所以なのかもなぁ。


【私を「アゲ」る"emotional"】


M1."Head Cold"

とりあえずもう出だしのミドルの重いドラムから始まる時点でゾクリとキてしまいます。さらにはベェスのやたらに硬質な"Sound on Sound on Sound"!!! いや別にベェス音が重なっているわけでは全くありませんが(笑)コイツはクるのです!この曲も「動」→「静」→「動」のような展開はありますが極めてナチュラルな感覚が見事!そのうえに"HEROIN"のもつ「外」へと向かう感覚を受けるメロディックが全体を覆う。不可思議な"POP"!!! このままシブくキメるのかと思いきやカオスィン’へ突入…いい感じの…展開じゃん!ヴォゥカルは終始絶叫。シブさとカオスのせめぎあい。初っ端いいカァドをきってきますねぇ!


M5."This Time"

これまたイントロからのカタいベェスによる不穏な旋律に撃沈。案の定(笑)いっきなり激ギタァバァスト全開状態からドコドコハァドコアドラミン’にて疾走しまくり。珍しく若干の不穏な空気を含ませつつも途中カオスィンドラミン’を挟んでまたも疾走…疾走…疾走!ドコドコハァドコアなのにヴォゥカルは絶叫を忘れた様子(笑)っていうか力まず自然体…それもクゥル!Lastは突然断ち切るようにSTOP!!!かっこいいなぁ。疾走系の曲ではぶっちぎりのクゥルネスを魅せる。


M7."Has Been"

1つの音源のLastを締め括るのに相応しいというか…狙った感じの曲ですね(笑)徹頭徹尾ヴォゥカルは狂気の如く絶叫し吠えまくる。凄まじい。が、曲によって忘れるみたい(笑)ミドルの曲なのですがこれがまたドラムも暴れまくって落ち着く気配なしなのです。なんだかやたらに激しい感覚が強いのですが何故か不思議にメロディックは人懐っこい気もする…が、決して「わかりやすい」わけではないという微妙な感覚。こういうところで好き嫌いが分かれるのか。果たしてギタァなのか「みょみょみょみょみょみょみょみょ」という"Sound on Sound"がこれまたバンドを揺らしまくります。サイケデリッッキン’!デリッキン’!リッキン’!とにかくもう全員が全員全くもって落ち着きがないという不思議な大作。や!でもかっこいいんです。


M12."Meaning Less"

これは…凄まじいです。展開につぐ展開の嵐。"HEROIN"...真骨頂でしょう!鋭くザックリとクるギタァイントロはひたすらに「不穏」を漂わせながらに滑降していく。引っ張りながらも絶叫クレイジン’ヴォゥカルが吠えるとともに"HEROIN"ライクな外へと向かう"POP"がいかんなく暴発!そしてこのままミドルにて最後まで突き通す…なんてこと彼らはしない。"HEROIN POP"から急激なカオスの渦へと叩き落す。"HEROIN POP"が嘘のような内へと向かう切っ先鋭い攻撃性たっぷりのカオス。ただ、ひたすら、痺れる。んが!またも展開!再び外へ外へと向かうメロディックは嘘のよう。このパァトもまたヤヴァい。突き落とす。終わらせない。カオスはまたもやってくる。2本のナイフで交互に切り裂いて切り裂いて。もはやどれだけ展開のうねりがあったのかわからないままLastはドラムのみにてクゥルに終幕。むーん、これだけ書いてしまうとやたらな大作のように感じるのですが実はたった2分で終わってしまうというショゥトカットチュゥンなのです!素晴らしい!グレイト!展開の仕方も実に"HEROIN"ですね。「静」→「動」みたいな展開一切なし。カオスと(微妙なる)ポップの狭間をうねり続けるという実にクゥルネスここに極まるという感覚。無駄なモノ一切ナシ!エッセンスの塊のような名曲。痺れて下さい。


M15."In General"

これはもうちんたらちんたら書きません。"HEROIN POP"の集大成的名曲。もはや「開放的」とすら言っていいそのキャッチィな感覚。とにかくもうひたすらにシンプルな構成ながらも"HEROIN POP"をバァストさせまくり。途中、「静」→「動」というか「弱」→「強(狂)」という王道の展開にてさらに極限までバァスト!バァスト!ダァクネス一切なしのゴキゲンなナンバァですね(笑)

むーん、レコ屋やネットなんかですとこの"HEROIN"は「歴史的名盤」扱いされている(そのわりに中古でやたら安かったりしますが)節がありますが、その通りではありますけどその前に"HEROIN"から派生したバンドたちを先に聴いてほしいなぁと思います。(それならその派生したバンドを先に書けよ!って…本当にすいません!)何故かと言いますとこの"HEROIN"編で言っちゃっていいのか非常にヤヴァい気がするのですが、私個人としてはその派生したバンドの方が"HEROIN"より上だと思っているからです。それらのバンドを通過したうえで"HEROIN"を聴くとより深く聴けるかなぁなんて思うのです。どんなバンドもそうなんですけれど何も知らないで聴くのと、ルゥツを追って聴くのではやっぱり聴き方の深さが劇的に変わるのでは…と思います。

むん!貪欲にグァツグァツとイきたいですね!でも…まぁ…めんどくさいですけど(笑)
| comments(2) | trackbacks(0) | 17:23 | category: heroin |
Sponsored Links