ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# TWELVE HOUR TURN / the victory of flight
 
 【★★★☆】

えーと、今回は「最速」でいきたいと思います。

何故かというと…ほんっとに全くこの音源をきちんと書く自信がないからです。
つまり…「逃げ」です(泣)

えーとですね、私は雑食性ですので毎回何を書こうかとふがふが唸っているのですが(全くもって計画性…皆無)やっぱり大好物の1つにエモゥショナルなハァドコア…というかいわゆる「激情ハァドコア」というものがありまして、それはもうご飯がもりもりとすすんでしまいます。

一時期、それはもうモサモサとその手の音源を漁っていたのですけど"t-pod"(=ポォタブルカセットテェププレイヤァ(笑))並みの容量しかないアナログな脳味噌ゆえに情報もぽんすかぽん状態、さすがにいい加減聴きたい音源も尽きてしまいます。で、「何だかよくわからんがとりあえず買ってしまえ」的危険思想のもとレコ屋の「激情コォナァ」にてふんが!と、とっつかまえたりしては…そのまま棚の奥に消えていきました(泣)

"TWELVE HOUR TURN"?…ふむん、まぁ"no idea"(というレェベルです)ならなぁ、まぁとくに期待もせず購入致しまして、さすがに私の脳内MP3では心許ないので(笑)i-podに移して聴きながらコンビニに向かう途中、「牛角」の道の前で「ふぎゃぎゃん!?」と凍りつきました。嗚呼…牛角…食べたいなぁ。

や、違う!違う!だから焼肉に目が眩んだのではなくて(笑)"TWELVE HOUR TURN"だって!何でこんなヤヴァい、ヤヴァい、ヤヴァいの…もっと話題になってないんだ!?(うーん…単に私が無知なだけだったのかな?)

この"TWELVE HOUR TURN"「激情」の括りに入れていいのかどうかよく分かりませんが(まぁ…区分けなんてどうでもいいかなぁなんて最近は思いますが)とりあえず間違いなく「激」なのです!ところがなぁ…これ…一筋縄ではいかないんだよなぁ。むん、レコ屋さんなんかで比較的よく引き合いに出されるのが"Hoover","Drive Like Jehu","Unwound","ENGINE DOWN"(初期),"400years"etc...。上記のバンドが好きな方にはお勧めっ!という。しっかし…凄くないすかぁ!?だって…とんでもないバンドばっかり。でもちょっと真面目モォドになるのですがレコ屋の紹介文を見ていつも思うことは、"TWELVE HOUR TURN"でいうのなら確かに上記のバンドのエキスはたっぷりと入ってはいるのですけれども"TWELVE HOUR TURN"はあくまで"TWELVE HOUR TURN"なんですよね。だから"Hoover","Drive","400years"「として」「超えている」とかの期待はしちゃいけないと思う。それぞれにベクトルが違う(故の個性だし)のですから。

そんなどうでもいい話にまぁた"curve"しそうになっていますがともかく!実は上記のバンド、かなりに"TWELVE HOUR TURN"の的をついているなぁと思います。(ここまで読んでかなりに「ふがふが」しちゃってる人も多いのでは?)私の場合"the victory of flight"を聴いてふとアタマを掠めたのは"400years"でした。とはいってもそのまま400yearsという感じではありませんが。400yearsも初めて聴いたときナンテトンデモナク素っ頓狂(誉め言葉)なバンドなんだと感激しました。静のパァトでは思いっ切り美メロなくせに激になると気が狂ったように(笑)不協和音・変則感のオンパレェドの嵐。珍しい作風(笑)だなぁと感心したものです。で、私が感じたのはその400yearsの「激」の部分。んー、これ"TWELVE HOUR TURN"に通じるかなぁと。「激情」に多い「泣き」的な要素は(この1st albumに関しては)ほぼ削ぎ落としてあります。辛口。不協和音全開。ですが…何といいましょうか、もはや曲の形すらわからないというような不協和音の使い方というよりも「不穏」が全体を覆うなかにピリッと刺す不協和音、という感覚が強い。この辺りは確かに"Hoover"なんかのエキスを感じてしまいます。凄く面白いのはそれだけ全体を「不穏」が覆っているのに突然一瞬だけエモゥショナルな突風が巻き起こり「おおぅ!このままぐぁっ!と盛り上がるのかぁ!?」と思ったら突然終わる(笑)なんかそのヒネクレ具合も400yearsを感じてしまいます。(一応言っておくと400yearsとはあくまで別物。センス的に近い部分はあるかもしれないけど。)

上記のレコ屋さんが挙げていたバンドを見て「なるほどなぁ」と思ったのは"ENGINE DOWN"ですね。"ENGINE DOWN"の白いヤツ(1st)は凄く好きなんですけど、あのモワァンとした不穏な感じの世界観とゾクリなギタァは確かに"TWELVE HOUR TURN"に通じます。"TWELVE HOUR TURN"のギタァもザックリかっこいいのですがさらにその上を行く展開のめまぐるしさは凄まじいです。1回終わったのかなぁと思ったらまた始まるという(笑)たぶんここら辺が"Drive Like Jehu"なんかが引き合いに出される所以ではなのかな?凄いのはそれだけ展開してるのに1曲が平均2分で終わってしまうというショゥトカットチュゥンの応酬!こういうのほんと痺れるなぁ!最高!

あとですね、聴いていると変拍子ビシヴァシ!という感じが強いのですが、確かに実際変拍子を多用している部分もあるのですが、実は結構リヅムのスピィドの強弱と3拍子、そしてギタァのリフを効果的に使っている様な気がします。実際は"Hoover"とかほど変拍子は使っていないような…。最初に聴いたときは「なんじゃ!この無茶苦茶な変拍子は!?」と感じたのですがやっぱりこういうのってほんとにセンスなんだなぁって思います。リズミックなあたりは拘っちゃうなぁ。

そして…そしてそして"TWELVE HOUR TURN"最強の武器!はふ…それは何といってもやっぱりその激った「こえ」でしょう!はっきりいって私はあのたたみかけるような太くも鋭い絶叫に完璧にヤられましたのです。こぉれだけはどのバンドも真似が出来ない。ん…基本的にツインヴォゥカルなんでどちらの声も痺れますが…。片方のvo.の肺活量ぱんぱんにコトバを一気にたたみかけるように叩き付けるヴォゥカル。もぉ1度聴いたら忘れられません。"guyana punch line"(最重要バンド!書きます!いつか!いつ!?)に並ぶんじゃないかなぁ。

私の"the victory of flight"のお気に入り】

M1. "New Snake"
M4. "I Get Lively..."
M5. "Ghost Kitty"
M6. "New Rock"
M8. "A Mouth of Suitable Size"
M10. "Little One"

というかですね、全11曲あるんですけど全然サクッと聴けちゃいますので。ちなみにです"the victory of flight"は1st full albumなのですが2nd(Last)album"perfect progress perfect destruction"では一緒にsplitを出した"I Hate Myself"的アプロォチ(ベクトル内向き)が加わって趣きが少し変わります。でもかっこいいです。

それから今回は様々なバンドを引き合いに出してしまったのですが、分からないバンドと比較されても困ります!という方もいらっしゃると思いますので、個人的な好みにはなってしまうのですが本文中に出てきたバンドのお勧めalbumを挙げておきます。

☆Hoover / THE LURID TRAVERSAL OF ROUTE 7 (Dischord)
☆Drive like jehu / YANK CRIME (SWAMI RECORDS)
☆Unwound / Challange For A Civilized Society (Kill Rock Stars)
☆Engine down / UNDER THE PRETENSE OF PRESENT TENSE (LOVITT records)
☆Four hundred years / TRANSMIT FAILURE (LOVITT records)

真面目な話"TWELVE HOUR TURN"のこと書くのって目茶苦茶難しいです。
ほんとこんなの読むより聴いちゃったほうが早いんです。絶対…(泣)
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:18 | category: twelve hour turn |
Sponsored Links