ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# AGHAST & 1000TRAVELS OF JAWAHARLAL / split
 
 【★】

・・・今回もsplit・・・『AGHAST & 1000TRAVELS OF JAWAHARLAL』です・・・。
・・・この音源が結果的に『1000TRAVELS OF JAWAHARLAL』のラスト音源になってしまった(?)のでしょうか・・・。

さて・・・先ずは『AGHAST』ですが・・・
AGHAST~フランス、タルブ出身のバンド。
ポストハードコアとグラインドハードコアのエモの要素をミックスさせた独自の激情ハードコア。
AT THE DRIVE IN、RADIOHEAD、CONVERGE、ENVYあたりを思わせるサウンドを感じさせる。
・・・とのこと。
ISCARIOTEともツアーを廻っていたフランスの激情ハードコアバンドなのです。

対しては日本を代表する私の大好きな大好きな激情エモゥショナルバンド『1000TRAVELS OF JAWAHARLAL』!!!
北九州(・・・福岡市ではない・・・)を拠点とし、西日本ではKITCHEN,LOSER,BUTCH,8ROOF,VELOCITYUT,MINORITY BLUES BAND,DIP LEG,ZIRCONIUM、東京においては今や伝説に近い『There is ...』と共鳴しながら1つの時代を創り上げたバンドなのです。
私はこの『1000toj』の大名盤『owari wa konai』に見事すってんころりんとヤられてしまいました。
・・・本当に毎日聴いてたなぁ・・・。

えーと、少し話題をカーヴさせてしまうのですが、このsplit音源をドロップしたレーベルはフランスの『WAITING FOR AN ANGEL』と同じくフランスの『purepainsugar』の共同リリースなんですね。
(ちなみに現在では 10インチがスペインのTRACE GRAB ACIONESよりリリースされています)
で、この『WAITING FOR AN ANGEL』のリリースシートを見て驚いたのですが・・・。
OUR DREAMS WALKING THEIR WAY
(SPLIT-MCD COLLECTION)

vol.1 ENVY / ISCARIOTE
vol.2 THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT / VANILLA
vol.3 OVERMARS / FUGUE
vol.4 SUBMERGE / SCALENE
vol.1、vol.2に関してはもう説明しなくてもその凄さがわかると思うのですが(・・・特に・・・vol.2・・・)、私的にはもうvol.4のSCALENE!!!
これは・・・これは・・・もしかしてex.Atomic Fire Ballの『SCALENE』なんでしょうか!?
『これは!』と思い、すぐにHPにアクセスしたのですが・・・どうやら既にレーベルは閉鎖しているみたいですね(泣)・・・。
もし誰か情報がわかる人がいれば是非教えて頂きたいのですが・・・。
うーん、ISCARIOTEの人とかが絡んでいるのかなぁ・・・。

・・・さて、がっちり激聴!・・・。

一番手4曲を突っ走るのはAGHASTですね。
・・・うん・・・。
「まるっきり」というわけではないのですが、随所に1000tojっぽいヴォーカルを感じます。好み。
・・・う・・・ん・・・。
・・・しかしですねぇ・・・。
・・・正直言ってもうこういう「・・・いかにも激情・・・」というのにはうんざり感を覚えてしまうんです・・・。
・・・本当に申し訳ないんですが・・・。
そういう感覚を軽々と飛び越える展開であったりメロディであったりリズムであったり、どうしても『何か』が足りないと圧倒的に感じてしまったというのが正直なところです・・・。残念ながら・・・。
敢えて言うならM4の「激」から全体のトーンを落とす渋い展開あたりには結構グッとくる感じはありましたが。
・・・本当にあくまで私的な感覚での判断なので申し訳ないのですが・・・まだまだ・・・以前かなぁ・・・。

さぁ!お楽しみの『1000TRAVELS OF JAWAHARLAL』です!
M5~M7、一気にガツンと聴かせてもらいましょう!
うしっ!こいっ!

・・・『!!!??』・・・。
何だ!?何が起こったんだ!?これ?

いえ、とにかく言いたいことは渦巻いているんですけど・・・。
とにかくこの一点に尽きる・・・。

『曲に全く魅力が無い!!!』。

「owari wa konai」の完全捨て曲無しのあのぶっとぶ感じは何処へいってしまったんだろう・・・。
『爆発的疾走感直結体を揺さぶられる感』まるで無し。
いや、表面的には『爆発的疾走感』に見えるかもしれません・・・が、これは違う!(と、私はどうしても思ってしまう!)
むしろMINORITY BLUES BANDとのsplitの頃にまで後退してしまったような気がする・・・。
(・・・この音源の1000tojが「良い!」という方には誠に申し訳ありません。私の勝手な個人的主観ですので・・・)
相変わらずに下田さんの詩はいいけど曲自体には全く心を惹かれない・・・。

・・・これが『1000toj』の遺作だなんて哀し過ぎる・・・。
(これ以降に1000tojの音源が残っているのなら誰か教えてください)

う・・・ん、両者ともにこの感じでは音源としては全く納得できません!・・・。



反論はきっと多くあると思います。
私の感情論だと片付けられると思います。
でも私はこのsplitを(音楽が本当に好きな人達にこそ)自信を持ってどうしても勧められない故のなんです。
| comments(6) | trackbacks(0) | 02:26 | category: aghast & 1000travels of jawaharlal |
Sponsored Links