ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# BEIRUT 5 / A MACHINIC EXODUS

 【★★★★】

・・・今回は・・・余計なことは書きたくないです・・・。
・・・とにかく・・・この音源は・・・ヤバい・・・。

・・・とか言いつつちょっとだけ余計なこと書きますね・・・。
(・・・すいません・・・)

何故に『BEIRUT 5』を手に入れたかというと、その頃愛読していたファンジンに『聴・き・な・さ・い』とあったものですので、素直な私はあまり考えずに購入したわけです。
で、聴いてみて「ん、かっこいいじゃん、以上!」とまたも棚の奥に消えていくわけですが、そこらへんが私のポンコツ具合を物語っていますね・・・。

で、まあそれからグルグルと様々な音源を私は巡り巡っていたわけですが、やっぱり人間って成長というか「感覚」が変化していくものなんですね。
「んー、そういえば、これ結構よかったかな?」などと腑抜けた気分でカーオーディオにCDを突っ込んだときの衝撃・・・。

・・・はっきり言ってこれを聴かない人は人生を損していると思います・・・。

BEIRUT 5といいつつ構成メンバーは3人。
Vocal,Guitar,Bass,Synthesizer,Programingを縦横無尽に操るのですが・・・。

M1「birth of ppppp」の電子音カオティックノイズからM2「end of violence」に流れた瞬間、【★★★★】は完全に確定しました。

実はこの音源、個人的に大好きなポイントはほとんど外れてるんです。
叙情性(ebulltion:PORTRAITS OF PAST,YAPHET KOTTO,etc...)、
緻密的激情性(Lovitt:sleepy time trio,400years,etc...)、
変拍子多用性(Dischord:Hoover,abilene,Crown Hate Ruin,REGULATOR WATTS,etc...)、
emo(COWPERS,bluebeared,etc...)あたりの要素は完全にないですね。
(ただ、31G、GSL、あたりの頭のおかしい(笑)感じはプンプンしますけど・・・)

・・・にもかかわらず、思いっきり惹き付けられるのです!

・・・とにかくとんでもない『武器』が多すぎる!
先ずはなんといってもハイトーン『子供』ヴォイス!
もちろん甘ったるいフレンチ・チャイルディッシュ・ヴォイスなんかじゃありません。
超攻撃的キ○ガイ寸前ハイトーン・ヴォイス!唯一無二ですね!
そしてときに重くときに超鋭角的なギターが放つやたらめったらフックありまくりのリフ。
不穏でありながらも人懐っこいかと思ったらおもいっきり人を突き放すという最早書いている本人もなんだかよくわかりませんが一度聴いたら忘れられないというまさに理想形!
さらにはゴリッとした音色がたまらないまさに『ジャンク』ベース。
その上を電子ノイズが暴れまわるわけなんですね。

不思議なことにこれらのファクターが組み合わさると・・・私は・・・『踊りたく』なってしまうんです!

一発目に頭に浮かんだのは「・・・ああ、これはもうライブで踊りまくっちゃうなぁ・・・」という感覚でした。
これは私にとっては最上級に近い褒め言葉です。
音源からもう無意識に体が動くという感覚に直結していくことなんて本当に余程のことですから。
しかも「踊りまくる」といっても「ハッピィ」に、ではなくもっと「嫌〜な感じ」というところが最高です。(笑)
カオティックかつジャンクなダンスィン・ハードコアですね。

・・・一応、私のお気に入り・・・

・M2 end of violence
・M3 deep focus
・M4 boy division
・M5 sick
・M7 narcosis
・M8 distance no resistance
・M9 void

・・・(笑)、ほとんど全部じゃないですか!・・・

というか、本当に捨て曲一切無しなんです。 
まあ、私の場合ハウス・テクノ系に近いものはちょっと・・・という感じですが、人によっては「最高!」と感じることでしょう。

4つ以上でも構わないかな?とも思ったのですが、やはりそのあたりの領域になると自分の本当に好きな趣味がかかわってきますので・・・。
(・・・それでも『 I'm standing nowhere 』と同得点ですからねぇ・・・) 




・・・『Dedicated to Kanno-san』・・・。

・・・CDケースインナーの裏ジャケに太文字にて記された言葉です・・・。 
| comments(4) | trackbacks(0) | 01:53 | category: beirut 5 |
Sponsored Links