ignition



You need chaos in your soul to give birth to a dancing star.
Mail : nandaka-kanashii [at] hotmail.co.jp
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# The Black Sea / The Black Sea (EP)

 【★★】

・・・うーん・・・。
・・・何故に好きなバンドって『これはっ!』っていう音源を創ると必ず解散してしまうんですかね・・・。

あ、「The Black Sea」のことじゃないですよ!
The Black Seaの前身は「FRODUS」というバンドなのですが、そのFRODUSが「こりゃとんでもねぇ!!!」というアルバムをドロップしたかと思ったら解散・・・。
(・・・そのあたり「SHOTMAKER」・「There is ...」・「COWPERS」とかも一緒ですよね。この音がこれからどう『深化』していくか、物凄く楽しみだったのに・・・)
例えば「もうこれ以上のものは作れない」という理由なら納得もしますが、どちらかといえばバンドのお家的事情にて解散、という色合いを感じてしまう場合が多いので「・・・そりゃないよ・・・」と独りでよく落ち込んでいました・・・。

・・・というような日々を送っていたところにとんでもない情報が!
ex.FRODUSのShelby Cinca、Jason Hamacherの凶悪コンビがNew Bandを結成!
しかもBASSに迎えるのはまさかのJoe Lally!(・・・言わずと知れた『FUGAZI』・・・)
これにはさすがに震えました!
だってまさかの『 Lovitt meets Dischord 』の夢の実現ですよ!
しかもその音は後期FRODUSを思わせる、ときては・・・。

そりゃもちろんダッシュで買いに・・・行きませんでしたねぇ。(笑)
なんなんですかねぇ、ほんとに。
別に私もいつも気が狂ったように(笑)音源を買い漁っているわけでもないのです。
興味は物凄くあるのですけど「・・・めんどくさいなぁ・・・」といういたって極凡人的感情も持ち合わせておりますので(笑)、「ま、いつか巡り合う日もくるでしょう」、と持ち前の人間的器の大きさを遺憾なく発揮していた訳です。

・・・結局出会ったのは1年程前でしょうか・・・。
八王子ですからたぶんSORAか何かのスタジオライブだったと思うんですけど。
(・・・しかし、いい加減だなぁ・・・)
SENSELESS RECORDSを猫背でほてほてと歩いていたところ、「あ!、あった」だって・・・。(笑)
何か全然やる気のようなものが感じられないのですが(笑)、速攻で手に取りレジにやっぱり猫背でほてほてと向かいました。(笑)

えーと、前置きして先に説明しておきますと、The Black Seaは何だか事情はよくわかりませんが「Decahedron」と改名することになり、しかもその1stでJoe Lallyは脱退という何だか散々な経緯を辿る訳です。
そして私はもうDecahedronの音源は聴いていたという・・・。
(・・・Decahedronについてはいずれまた・・・)

さて!ドキドキしながらThe Black Seaをセットしてヘッドフォンを被りました!
うしっ!いつでもきなさいっ!
1曲目、ノイジィなイントロからガツンとShelbyのギターが!おおぅ!いいですねぇ!
うん!確かに後期FRODUSを感じさせる哀愁たっぷりの雰囲気。
Shelbyの声もFRODUS時代が嘘のように絶叫は消え「うた」に集中しています。

・・・『なるほど。』・・・
・・・『うん。』・・・
・・・『う・・・ん。』・・・
・・・『う?う・・・ん!?』・・・

これ・・・ぶっちゃけて言ってしまうんですけど・・・『やりすぎ』・・・じゃないんですか!?
あの、別に絶叫がなくなったとかそういうことは全然不満ではないです。
ただ・・・なんというか・・・『哀愁たっぷり』というよりも・・・『哀愁べったり』・・・。
本当に申し訳ないのですがこれだったらもっと曲として完成度の高い「ENGINE DOWN」でも聴いてたほうがましなような気がします・・・。
(・・・The Black Seaに対しての評価の高い方には大変申し訳ありません・・・)

確かにShelbyのギターは冴えていますし、Joeのベースの存在感は並ではありません。
しかし「曲」として見たとき如何にEPゆえ3曲とはいっても、これだけ似た雰囲気のものを3つ並べられても、ちょっと・・・。
もしも仮にそれが狙いだとしても、それならそれなりのぶっとぶようなクオリティのものでないと。
だって『Shelby』と『Jason』と『Joe』ですよ!
『 Lovitt 』と『 Dischord 』の最強布陣なんですよ!
絶対にこんなもんじゃないでしょう!
いいですか!あなたたちはやればできる子なんです!こんなものじゃいけません!
(・・・うーん、一体私は何様なんだろう・・・)

う・・ん。まあこれも試行錯誤の途中ゆえかなぁ・・・と思いたいところなのですが。
The Black Seaの発展形であるDecahedronを既に先に聴いてしまっているので・・・。
(・・・何故かDecahedronでは嘘のように攻撃的音像にシフトチェンジする!?・・・)

メンバーがメンバーなだけに少し期待しすぎてしまったんですかね・・・。
確かに「音源」としては決して悪いものではないのですけれども。


『でも、やればもっとできる子たちなんです!』
| comments(3) | trackbacks(0) | 21:00 | category: the black sea |
Sponsored Links